2006年 10月 29日

ドナウの水源

古い写真を持ち出して、今日はフルトワンゲンの紹介をします。
この町は僕がこの夏まで3年間住んだ町です。黒い森の奥深く、標高およそ900m、人口9700人の町で、鉄道の来ない陸の孤島。こんな小さな町にドイツ最古の時計学校があり、またドイツ最大の時計博物館があります。そしてもうひとつフルトワンゲンにあるすごいもの。それがドナウ川の水源です。僕は3年前、この小さな町に来てからすぐにこの水源を見に行きました。フルトワンゲンの郊外およそ7km離れたところにあります。

a0207111_5121832.jpg

もちろん車などありませんから、一人でポツポツ歩いていきました。大まかな地図はあるものの、人通りもなければ案内標識もない、あるのはただただきれいな景色と牛くらい。そんなとこ一人で90分も歩いていると本当に不安です、この先本当に水源があるのかと。ドナウの源流が最初に流れ込む町がフルトワンゲンですから、町を出発してから、常にその流れを見失わなければ、水源に着くはずだという信念だけで歩いていました。

a0207111_5125266.jpg

これがドナウ川の水源です。ドナウ川はドナウエッシンゲンに水源があるのでは、とお思いの方もいるでしょう。確かにドナウ川はそこでVillingen方向から来るBrigach川と我がフルトワンゲン側からくるBreg川が合流するところから始まります。しかし、上の写真の銅版によると
An dieser Quelle beginnt die geographische Laengenmessung der Donau. Deutsche Donaulaenge 647km
この水源(つまりBreg川の水源)からドナウ川の地理学的な長さが測られる、とありますからドナウの水源はここフルトワンゲンにあると言っていいでしょう(笑)。(Brigach川よりもBreg川の方が5kmほど長いので、こういうことになります)

a0207111_5141393.jpg

ドナウ源流の最初の最初の流れ。この横にもう一つ銅版があります。

a0207111_5145931.jpg

Donau-Quelle
Hier entspringt der Hauptquellfluss der Donau, die Breg, in der Hoehe von 1078m ue.d.M.,2888km von der Donaumuendung entfernt, 100m von der Wasserscheide zwischen Donau und Rhein, zwischen Schwarzem Meer und Nordsee.
ドナウの泉
海抜1078m、ドナウの河口(つまり黒海)から2888km。ここにドナウの主源流、Breg川湧き出す。ここから100mのところにドナウ川とライン川、(つまり)黒海と北海への分水嶺がある。

うん、これだけはっきり書いてくれれば、わざわざ90分もえっちらおっちら歩いてきた甲斐があるというもの。ちなみに、この分水嶺の記述についてはよく分からないけど、地図をみるとこの水源から300mくらい離れたところにGriesbachという川の水源があって、この川は最終的にライン川に流れ込む。だから、この2つの泉の地下水源は同じだと言いたいのだろうと思います。

ちなみにドナウの水源については、この水源のすぐ近くにあるレストランのパンフレットにこんなことが書いてある。
Das Universallexikon des Grossherzogtums Baden stellte diesbezueglich bereits 1847 fest:
"Donau, der groesste Fluss Deutschlands, entspringt bei der Martinskapelle in einer wilden und einsamen Gegend des Schwarzwaldes, heisst am Anfang Brege... und bildet erst in Donaueschingen, wo sie sich mit der Brigach vereinigt, die Donau"
このことに関してバーデン大公国の百科事典はすでに1847年にこう確定している。
「ドイツ最大の川ドナウは未開で人気のない黒い森のなかにあるMartin教会(今もある)の傍に湧き起こる。すなわちBreg川に始まり、Brigach川と合流するドナウエッシンゲンで始めてドナウとなる」と。

1029追記:
Manekneko様
最近は一般の方にはあまり面白くない工具の話が続いたので、Maneknekoさんからコメント頂いて、ちょっとホッとしています(笑)。お久しぶりです。

Donaueschingenの泉
a0207111_5161099.jpg

ドナウエッシンゲンの方が泉としての演出がうまいですね。駅からも歩いて数分で立地条件もいい。フルトワンゲンの泉も良かったですが、もう一度行きたいかと言われれば、歩いてはもう結構って感じです(笑)。帰りもてくてく歩きました。後で、住んでいたJugendwohnheimの寮長さんで 豚を丸一匹食べたのかと思いたくなるようなお腹パンパンの神父さんにそのことを話したら、フーフー言いながら、「歩いて? 信じられない!」といって驚いていました。
[PR]

by furtwangen | 2006-10-29 20:28 | 時計学校@Furtwangen


<< ステンドグラスのHさん      工具のドイツ語3 >>