シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 05日

ネジの青焼き(駄目な例)

うまくいかなかったけど、お見せします。
a0207111_7453219.jpgこの左下のネジの色が本当の色に近い。
a0207111_745148.jpg
ネジがただ青くなったというだけで、ぜんぜん美しさがありません。心に訴えるものが全然ない。こんなネジを10個も作って本当に気持ち悪いです。時間がないからともかくこれを使いますが...残念。
鋼は熱しますと茶色、紫、青そのあと しらばっくれて それでどうなるんだっけ、たしかまた鋼っぽい色になります。我々の関心事は「青」でして、Dunkelblau濃い青、そのあとHellblau明るい青が来ます。DunkelblauでもHellblauでもどちらでもいい、好みの問題。僕はHellblauを求めたのだが、その色を通りこしてもはやHellというよりは完全にしらばっくれた青になってしまいました。青焼きをしているところの明かりが悪かったんだろう。ネジの色の変化を凝視(電気コンロの熱で顔中が熱くなる)しているわけだから、蛍光灯のあかり、電球のあかり、太陽光でそれぞれ色が微妙に違って見えるわけ。そこが今回の落とし穴ですな。こんどから蛍光灯の下でやるときは少しDunkelblau気味で終えていいんだなぁ。

ところで昨日Freiburgのお母さんから電話があって、5月以降に住む部屋を見つけてくれたそうです。試験が終わったらFreiburgの手工業会議所の授業に参加するので、部屋探しをお願いしていたのです。甘えているでしょ、自分で探さないで、お願いしちゃう。以前の電話で「夏までFreiburgに住むことになる」って言ったら、「あら、そしたら毎回コンサートにいけるわね。部屋も探さないと」ってまだお願いしてないのに勝手に探し始めてくれたのです。今度日曜日にその家族の所に行ってOsternの昼食ということで久しぶりに家族が集まるところに呼んでもらいましたので、そのあとその部屋を見にいき、その家主さんとも「Guten Tag!」とかいって握手してお知り合いになろうという算段です。日帰りで帰るって言ったら、「あら、泊まっていかないの?2,3泊していくのかと思った」だって。試験前でそんな暇ないって言いたいけど、でも親切だね、こっちの親切な人って、底なしに親切!
[PR]

by furtwangen | 2007-04-05 20:31 | マイスター学校@Schwenningen


<< 青焼き(少しマシな例)      ネジ >>