シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 18日

朝はもう暗い

だんだん朝出かけるとき、まわりが暗くなってきました。天気がいいと夜空って感じで星が輝いている。しかしまだ真冬でないのは、通勤中の30分間で、ゆっくり明るくなってくること。会社につく頃には、葉っぱの緑とか汚い会社の建物の汚れとかがちゃんと分かるくらいまで明るくなっている。寒さは、もうもちろんセーターにジャンパーだけど、別にそれ以上のものはいらない。

翻訳、面白かったです。最初の一日目で、おおよそ全部訳しました。それはそんなに疲れませんでした。しかし今日2日目、前日訳した和文の修正、見直しですっごく疲れたです。痛感したのは、いい和訳が見つからないときに、その言い換えるほかの日本語が僕の頭の中にあんまりないこと。いわゆるボキャ貧ですな。語彙の引き出しが足りないというか。日本の野党じゃないけど、代案が出てこない。
それから、ただ直訳すればいいってもんでもないね。場合によっては補足説明的にちょっと書き足した方が、全体が自然な記述になったり。また場合によっては、訳に困って結局その部分を思い切って割愛してみたら、そのほうが自然で、ドイツ語の文意をよく表していたり。モノつくりみたいに1+1=2とはいかない世界ですな。それがまた僕には新鮮で面白い。

きのうは冷凍のアップルパイを買ってきて、オーブンで焼いて食べた。オーブンはここの住居で初めて持つからね、面白くてほとんど毎日なにか焼いてますよ、電気代がちょっと怖いけど。

1018:ZTM おおかわさん
僕も見直しは結構苦痛でした。また近いうちに同じような説明書の翻訳を頼む、と言われました。

ちんころさん
僕の日本語はもうじぇんじぇん駄目ですよ。使う機会ないから4年前からカビが生えてます。どうですか、ちんころさん、ひらがなとかちゃんと書けますか。僕の書く最近のひらがなはもうグデグデ、腰がないというか。形が取れなくて、崩壊寸前って感じのひらがなが紙の上をヘロヘロ踊ってますよ(笑)。それから「め」と「ぬ」と「ね」がごっちゃになるねー、恥ずかしい話だけど。
[PR]

by furtwangen | 2007-10-18 06:13 | 黒い森の小さな町


<< 粉末コーヒークリームがない      明日は翻訳の仕事! >>