2007年 12月 03日

きのう買ったマウス

きのうフライブルクで買ったものの中にマウスがあります。
a0207111_724665.jpg
ただのマウスなら僕の町にもありますが、インテリマウスとかいうちょっとえらいマウスはやっぱり都会に行かないと。種類も豊富だからね。
a0207111_725773.jpg
僕は会社で使うマウスを飼いたかったのです。(漢字変換したら「買」でなく「飼」が出てきた。なかなかいい発想だ(笑)
会社のはコードのマウスで、PCの置いてある場所の関係でそのマウスのコードが僕の机を対角線上に横断している。だからいろいろな書類と交錯して具合が悪い。
a0207111_7398.jpg
だから今回買うマウスの必要条件はコードレスであること。だけどお店に行くとコードレスマウスってたくさんありますねー。眩しいばかりにいろいろあって、もう超お上りさん状態。
a0207111_731931.jpg
それでパッと心奪われたのがこの卵形のマウス。そっと手をそえると、ピタッと曲線が掌に合う。値段は60おいろでマウスにしては超がつくほど高い。それで自分の良心にこう説得した。
a0207111_733140.jpg
僕は設計が仕事で、労働時間の8割はマウスを握っている。いまの僕にとって、もっとも身近にあって頻繁に使う道具はマウスなんだよ。だからその道具に投資したっていいじゃないか、と。
で、マウスの売り場の近くにはキーボードもあって、そっちにも心奪われたんだけど、そのときに気づいたのは、僕は仕事ではあまりキーボードを頻繁には使わないということ。CADでキーボードが必要になるのは、寸法を入力したり、ファイル名を与えたりするくらいで、連続20分文字を打ち続けることは実際ない。つまり、執筆家がこだわるような高性能、高品質なキーボードはいらない。だからその分をマウスに投資してもいいんだよと、僕の罪悪感が一生懸命、良心に説得していました。

で、実際に今日一日使ってみたけど、単三電池が2つ入っているせいか、ちょっと重いなぁ。マウスって親指と薬指だけで挟んで前後にピョンピョンって感じで動かすときあるでしょ、それが重いと億劫だ。掌へのフィット感は抜群だけど、マウスってずーと握り締めては使わないね、いま気づいたけど。

ということで、マウスは
1.コードレスであること
2.軽いこと
3.各ボタンが確実に作動すること
が(僕にとっては)大事であって、
1.掌への高いフィット感と
2.インテリ(高機能)であること
はあまり大事でないということを悟りました。

1203:Ikuruさん
こんにちは、お久しぶりです。
Ikuruさんのブログ毎日拝見してます。最近は鎌倉の写真がたくさんありましたね、懐かしかったです。
たしかに電池一個でもマウス動きますね(笑)、知りませんでした。
なんで2個入れさせるんでしょう。マウスの作動範囲(このマウスの場合半径1.8mと書いてある)に影響するのかな?
[PR]

by furtwangen | 2007-12-03 02:02 | 黒い森の小さな町


<< 基本法第12a条の4      フライブルクへ >>