シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 09日

もう郵便局信用できない!

9月に引っ越してすぐに住所変更を届け出ました。なのに、僕のKontoauszug口座残高帳がいまだに8月まで住んでいたフライブルクの住所に送られています。今日はその苦情を言いに郵便局へ行きました。

11月になってもKontoauszugがこちらに送られず、旧住所宛に送られてくるので、2週間前にも苦情を言ったばかりです。まったく対応が遅すぎますが、せめて12月分からはこっちへ送れと。その苦情というかUmmeldungの手続き、そのときすでに5回目ですよ。引越し前にFreiburgの郵便局で1度、引っ越してからこの町の郵便局で2度、それからschriftlich郵送で2度。

郵便局の窓口の対応って本当にバカ。もうあきれるばかり。この町で一回目に念押しに行ったときには、「住所変更、ほかの人たちにも知らせておいてください」だって。住所変更を知らせて、変更してくれないのはあんたんとこ、Postbankだけですよ、しっかりしろってーの。2週間前に再度行ったときは、転送サービスに申し込んでますか、ときた。もちろん申し込んでますよ。そしてもちろんその転送サービスもまったく機能してませんよ。何のためにそのサービスに25おいろも払ったんだか、まったく詐欺行為の何者でもない。でも、底抜けにバカなPostに転送サービスなんていう高度なサービスはもはや期待してないです。それより問題なのは、いつになってもUmmeldung住所変更が行われないこと。こんな簡単な事がなぜすぐにできないんだ?なんで3ヶ月経っても住所変更一つできないんだ。こんなんで許されるなら、僕でも明日から郵便局開設できる。人からお金とって何にもしなくていいんだから。

で、今日行って何したと思いますか。2週間前に変更のために申請した用紙がどっかでなくなったので、再度変更届を出してくださいと。はー?ですよ。6度目の念押しで、ゼロからやり直せとは、この3ヶ月間郵便局はなにをやってたんでしょ。

僕がここまでイラツクのはもうひとつ理由があります。2ヶ月前にクレジットカードを郵便局で申し込んだんですよ。これからはこちらで収入があって、カード使うのにわざわざ円安の円立てクレジット使うのばからしいと思って。

その苦情も2週間前に、住所変更の苦情と一緒に言いました。クレジットカード作るのはそれなりに調べたりして、時間がかかるだろうけど、少なくとも何か返事をしろ、と。こっちはその申し込みのときにパスポートのコピーを提出しているわけで、なんの返事もなくその申し込みの話が消えてなくなっちゃうって言うのは、どう考えてもおかしい。返事も何もしたくないなら、せめてその身分証明のコピーを返すのが筋でしょ。

で、結局そのクレジットの申込書もなくなったんだて、どっかで。なくなっちゃったってどういうことなんでしょうね。いやしくも金融機関でしょPostbankって。住所変更で3ヶ月間、クレジットカードの申し込みで2ヶ月間、その間になん返答、反応も示さないで、結局申請用紙が全部なくなっちゃいましたー、だからもう一回申請しなおしてください、なんてよくもまぁ金融機関として恥ずかしくなく言えるね。大口の客じゃないからか、それともドイツ人じゃないからバカにしてるんだか知らないけど、Kundenをナメ切ってるにも程がある。ちょっと僕の常識では考えられない怠慢と傲慢。

もうドイツ郵便局は自立的には仕事ができないらしいから、来週からは毎週2度は郵便局に行って、いやみたっぷりに手続きの進捗状況を聞いて、頻繁に圧力をかけ続けないといけないと思っている。本当はこんな糞たれ金融機関に口座を維持すること自体しゃくなんだが、この町にはほかにこれといった機関がないから、口座を引き払うわけにもいかない。そこがつらいところ。

1209:Pekoさん
日本って無料なの?
そう、バカな返答を平然としてくるから、気分が逆撫でされるのであります。
今週早々にまた文句を言いにいくつもりですが、必ず言われますよ。「住所変更届けは出しましたか」「転送サービスは申し込みましたか」「もう一週間待ってみてください」ってね。ドイツ郵便局は堪忍袋のトレーニングに最適(笑!)
[PR]

by furtwangen | 2007-12-09 07:30 | 黒い森の小さな町


<< 郵便局を出てきて      名前の呼び方 >>