シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 07日

明日から仕事

前回の記事は、正月にうちに来た兄一家の姪が書いてくれました。そばでブログを書き始めたら、キーボードを打っているのに興味を持ってくれて、それでは、ということで、代わりに打ってもらいました。

さて、予定通り4日に戻ってきました。今回は久しぶりの東京フランクフルト直行便でした。いつもはパリやロンドン、コペンハーゲンで乗り換えです。直行便だとこんなに楽かと思うくらい体力的に負担が少なかったです。おまけに、乗り継ぎ便の時間分、早くフランクフルトに到着しますから、そのままICEに乗れば、僕の町へ来る最終バスに間に合う。フライブルクのお母さんの所に一泊しなくても済むというのもいいことです。

それから大したことじゃないですが、いつもドイツや日本の航空会社でない飛行機に乗るので、機内放送とか「コーヒーください」みたいに言うとき、どうもしっくり来ませんが(僕は英語がからっきし駄目)、今回のLHはドイツの航空会社ですから、機内放送だって、何か頼む時だって、なんだってもう毎度のドイツ語と日本語で済む。あの気楽さは本当にいい(笑)

2週間以上部屋を空けていたので、予想通り部屋が冷え切っていました。いま、「3」までセントラルヒーチングの栓を開けてますが(貧乏性なので「4」や「5」にはもったいなくてできない(笑))、まずは部屋を暖めるというよりは床や壁を暖めるという感じです。

4日の金曜日までに帰ってくるのには僕なりに訳がありまして、それは次の日の土曜日に買い物、週末のための食料を買出しするためです。もうこちらに戻ってきたら東京の気分でいてはいけません。日曜日は全部閉まってますので、土曜日の夕方にこちらに到着すると買い物が出来ず、日曜日のための食料がなくて、ひもじい思いをする羽目になります。

さっき両親に聞いたら、東京は今日も快晴とのこと。またあのきれいな富士山を望んでいることでしょう。こちらは相変わらずどんより天気で、青い空とは程遠い感じです。青空の天気さえあれば、気温が低くても気分は凹みません。まぁ、でももう冬至を過ぎましたからね、さすがのこっちも夏へ向かって日は長くなる一方のはずです。そう思えば精神的に少しは救われます。

追記:Pekoさん
会社はいつも暑いくらいに暖かい。だから昼食後はついウトウトしてしまいます。
いまこちらの気温6度くらい。思ったより暖かいです。たぶん、そっちのほうがさぶいでしょうね。
[PR]

by furtwangen | 2008-01-07 00:17 | 黒い森の小さな町


<< ついにブレーカーが落ちた      今日もいい天気 >>