シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 28日

今晩も軽く更新

北のほうではカーニバルというと思いますけど、南の僕たちのところではFaschingファッシングとかFastnachtファスナハトとかいいます。そろそろ謝肉祭が始まるみたいです。多分今度の週末からです。シュバルツバルトの中ではFasnetファスネットという言い方のほうがよく耳にするかもしれないです。いや、ファスネットじゃなくて、ファシュネットかな(笑)こっちはsの「ス」みたいな発音がよく「シュ」になっちゃうんですよ。Hast Du kapiert? 分かった?なんて言うのも「ハッシュドゥー かぴーぁt?」みたいになる。「Ich(私)」も本当はイッヒですけど「イッシュ」とみんな言ってます。話が全然関係ない方向に飛びますけど、標準ドイツ語でalso! それじゃやるか!みたな掛け声がありますけど、こっちはsodle「ぞーdれ」とか「d」のあとに露骨にeの発音が来てsodele「ぞーでれー」みたいに限りなく締まりの無い掛け声に変わってきます。このsodeleなんていう言葉は、この当たりの典型的な方言と僕は観察しています。この森でalsoで掛け声かけている人はほとんどいないですけど、この森を出てすぐのフライブルクまで行くと、もうこの「ぞーでれー」は少数派になると思います。もっともフライブルクは大学町で言葉もかなり標準化されているという事情があるとは思いますが。
話が変な方向にそれましたが、
a0207111_23575276.jpg
この写真をただ載せたかっただけです(笑)
この街ではFasnetの時にこの小川で悪ふざけをするらしいのですが、この週末はその準備をしていました。
来週の月曜日はこのお祭り騒ぎで道がふさがれ、みんな会社にたどり着けないそうでお休みとか言ってました。と、ということは今週たくさん仕事の結果を出さないといけないってことですかね。

0128追記:
Pekoさんもsodle知ってますか!そう、重い腰ね。いやだけどしょうがないからやるかぁ、みあたいな感じですよね。僕の場合は、社会の先生が授業で、出欠をとりながら雑談して、さてそろそろ授業を始めるか!っていうときに、低い声でゆっくり、そしてdの次のeも長くしっかり発音して、ぞーでぇれーって毎回言ってましたよ。だからsodeleは重低音なものだと思っていたら、あるときスーパーのレジの小柄な女の子が、レジ仕事始めるかぁー、って言うときに高い声で そーでれー って言ったときにはちょっとびっくりしました。こんなかわいいsodeleもあるんだ!って(笑)
[PR]

by furtwangen | 2008-01-28 05:52 | 黒い森の小さな町


<< 「よりきれいな曲線」って何さ?      お久しぶり >>