2008年 02月 17日

扉依存型洗濯干し

今日は雲ひとつない、飛行機雲が一本ありましたけど、真っ青ないいお天気でした。
a0207111_559100.jpg
これは昨日の写真。仕事場から見える景色です。毎日毎日この景色をみています。なんとなく不思議な景色だなぁと思っていつも見ています。

今日は洗濯物を干すものを買いました。

今までは「干すためのもの」というのは特別になくて、洗濯が終わると部屋にある大小さまざまな扉を開けて、その扉に引っ掛けていました(笑)。でも、まぁそれでも一人で住んでるからいいんですが、部屋中が洗濯物だらけになる感じで、洗濯干しがあってもいいなぁとは思っていました。しかし、基本的には物はもう買いたくない、それに所詮一人分の量ですから、20オイロもする、りっぱな洗濯干しはいらない。使わないときにたためるけど、それでも場所をとるから。

そう思っていたら3週間くらい前に近くにあるフィリップスとかいう安物屋に、超簡単な、超安い
a0207111_551826.jpg
を見つけました。
a0207111_553393.jpg
自立型ではなくて、扉依存型ですが、これで2.48オイロ。Tシャツなら6つ引っかかります。もちろんこれだけでは干しきれませんが、これで乾かすときも部屋が随分すっきりする。また具合がよかったらもう一つ買ってもいいなぁ、と思ってますよ。そしたら同じ扉の逆側に引っ掛ければいいんだからなぁ、なんて思ってます。

最近は週末でも下界に下りないで、この小さな町でチンとしてます。今は時計のことで、あんまりほかの事はしたくない感じ。産みの苦しみです、いまは。この週末は珍しく仕事を持って帰ってきちゃったので、明日それを3時間ぐらいかけてやろうと思っています。

0217:ちんころさん
お久しぶり。
ん~、いい質問ですね。
届くんですけどね、湿ったシャツを下から引っ掛けるのって案外大変でした。パッと開いて腰ぐらいの高さの自立型の物干しあるでしょ、あれは上から上手に掛けたい棒のところをめがけて、そうっとシャツを下ろせばうまく掛かるけど、下から掛けるとなるとどうしても引っ張っちゃうんですよね。そうするとこの物干し、ちょっと きゃしゃ だから棒が折れそ。

0218:通りがかりの指圧師さん
いやー、ついに指圧師さんに僕のブログを教えちゃいましたね(笑)
もうこれで雲隠れできませんな。

0220追記:
またちょっと忙しくなってきたのでしばらく休みます。
もうコンピュータで仕事するのうんざり。
[PR]

by furtwangen | 2008-02-17 06:31 | 黒い森の小さな町


<< 防空壕      製図の合間の翻訳 >>