シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 22日

忙しいです

数日前からぱらぱら、ときには目の前の景色いっぱいに雪がふります。寒さもずいぶんがんばって、朝方は2、3度くらいまで下がります。
a0207111_413121.jpg
今週から僕の仕事の重心が設計から手仕事に移りました。設計製図の仕事が一段落したので、今度は出来上がってきた各部品のバリ取り、面取りなどの仕事です。ただ、図面についての質問やジグつくりに必要な追加の座標など、まだ頻繁に僕に質問が来るので、作業する部屋にいるときも設計部に戻るときも、機械室に行くときもいつも図面をもって歩いています。そうやって、設計の能力と手仕事の器用さの両方をそれなりにこなせるというのが僕を採用してくれた最大の理由だと思っているので、その辺楽しく、臨機応変に対応していこうと思っています。

作業室には4つの作業机があって、そのひとつが僕にあてがわれています。残りの3つは社長さんとクリスティアン、フランツが主に使いますが、彼らは他にもすることがたくさんあるので僕ほどは常駐していません。ちなみにこの会社には全部で6人くらい時計製作マイスターがいますが、上の3人は皆マイスターの資格を持っていて、久しぶりの本格的な手作業ですが「腕に覚えあり」みたいな人間ばかりです。作業している時はみなコワイ顔して真剣そのものですが、夢中になって作業しているが故に逆に子供っぽい、子供の頃はこんなだったのかなぁ、って想像できる感じでみんな作業してます。はっきりいって今の時代に手作業できれいな面取りをさせてくれるなんて本当に幸せなことだと思います。

ヴォルフガングは設計部の同僚で主に腕時計のケースや金属ベルトの設計を担当していますが、元は精密機械科出。この会社に入った頃はMusterbau量産前の試作作りが専門でしたので、この彼も昨日は午後に手伝いに来ました。僕が白衣を着て作業をしているのを見て、久しぶりに細かい手作業をしたくなったんでしょう。その抑えがたい衝動は僕にはよくわかりまして、隣で一緒に作業しました。ヴォルフガングが道具をもって作業しているのを初めて見たので面白かったです。

今作っている腕時計の個数はたったの3つです。この3つのためにいま会社は総力を挙げています。今日はKarfreitagってことでお休みでしたけど、明日は引き続き仕事です。明日は外注先の会社は休んでいるところが多いと思うので、上の3人のマイスターさんたちも、作業場で黙々と手作業をするんじゃないかなぁ、と明日の作業風景をいま頭に描いています。

0325追記:
またしばらく休みます。今日は雪が降って積雪20cmにはなりました。

0330追記:
めちゃくちゃ忙しいです。平日夜11時まで、土日も夜10時まで働いてます。会社の夜巡回している警備員さんに不審な目つきで見られて帰宅する毎日です。あさっては会社で徹夜の作業になると覚悟してます。
[PR]

by furtwangen | 2008-03-22 08:04 | 黒い森の小さな町


<< 腕時計をひとつ作った!      久しぶりの外出 >>