シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 16日

求人広告

今日、僕の働いている会社が求人広告を出しているのを初めて知りました。

求む、時計製作マイスター。

時計会社といっても、時計職人の求人を出すのはそれほど多くありません。会社ではみんなが時計を作っているわけではないですから。製品を包装する人とか、苦情の電話対応とか修理関係の受領、発送とか、品質検査、納品・在庫関係とか、時計職人外の仕事がたくさんあります。だから求人を出したとしても、時計職人ってことはあまりないんです。

ところが、今回はズバリ時計職人の求人です。それも、僕の携っているプロジェクトの求人です。以前、「人手が足りなすぎる」とボソッと苦言を呈したのが功を奏したようです。

一部訳してみます。

次の能力を持った方なら、最高です。
・時計職人の養成を終了し、時計製作マイスターの資格を持っていること。
・サービス部門の経験があること
・試作、設計、デザインの分野で経験があること
・CADの知識があること
・...(具体的なCADソフト名)の知識があること
・手仕事を正確に確実に行えること
・グットな英語能力があること。

この広告を読みながら、大変な要求だなぁ、と思いました。僕はこの中でどんなに甘くみても5つだけですね、満たせているのは。お客さんと接するサービス部門の経験はないですし、英語はバッドな能力すらありませんから(笑)。もし、就職の時にこの求人を見たら、たぶん尻込みして履歴書を送らなかったかも、と思いました。同時に、会社は僕にこういうことを要求してんだなぁ、とも思いました。

そして、いつも失業することを心配している僕は、これに応募してきた優秀なマイスターが2人くらい採用されたら、社長さんに「きみ、そろそろ日本に帰りたいんじゃない?」とか言われて、解雇されちゃうんじゃないかと。いまは、まだ一年間の雇用契約で今度の8月に契約が切れる。もし会社が僕を切るなら、そのときだろうと思っています。

この広告を見ながら「どこに来るんだ?」と、ヴォルフガングと顔を見合わせてしまいました。いま、設計部の部屋はいっぱいなんです。新たに雇うのはいいけど、機械式時計専用の設計室をもらえるのかなぁと、なんの根拠もなく思っています。じゃなきゃ、場所がないです。

まぁ、それも何も解雇されたらおしまい。あー心配、本当に心配。

0516:ハルコさん
僕の靴、よくご覧になっていましたね(笑)エコーの靴で、もう3度ほど買い換えましたが、いつも同じあの靴を買っているので、もう10年くらいあの靴を履いてます。僕が持っているたった一つの靴なので、劇場でオペラ観に行くときも工場で作業するときもいつもあの靴です。

佐々木さん
前回、オルガンの現場でお会いしたときもそのようなことをおっしゃってましたね。人生いろいろあるから、って。結局まわりの雑事を気にせず、淡々とまじめに働くことに尽きるのでしょう、とコメントいただいて思いました。

Pekoさん
そう、その通り。都会に出る目途が立たない、とか言いながら、来年もこの田舎町にいられる保証もないわけで。あういう求人の条件って、紙面に列挙するとおおごとになりますが、実際はもっとヘニョヘニョ。僕のときは「グッドな日本語」も「バッドなドイツ語」も条件になかったです(笑)
[PR]

by furtwangen | 2008-05-16 06:45 | 黒い森の小さな町


<< 文化の違いかも      水をたっくさん飲む >>