2008年 05月 31日

ミュンヘン6

昨晩はまたリンクさんのところで夕食。
さいころゲームで遊んでいたら、夜遅くになりました。

さて、たった3日間だけのミュンヘン旅行を6回シリーズにまでのばして、ブログの種に使っています。

ところで、ミュンヘンはいまの法皇様の地元ですね。フラウエン教会に行ってそれに気づきました。
a0207111_83522.jpg
お写真の横に記されたご経歴を訳してみましょう。僕はキリスト教のことをよく知らないので、正しい単語に訳せてないかもしれません。
a0207111_831942.jpg
1927年4月16日 Marktl am Innにご誕生
1951年6月29日 Freisingで司祭
1977年3月25日 ミュンヘンとFreisingの大司教に任命
1977年5月28日 ミュンヘンのLiebfrauendomで司教
1977年6月27日 枢機卿会に入る
1981年11月25日 教理神学省の長官に任命
2005年4月19日 ローマ法王に選出

Ad multos annos! やったー!(ってとこでしょうか、訳せません)
1977年の5月からこの教会にいらしたってことなんでしょう。
a0207111_832915.jpg
もう、銅版に掘り込まれておいでです。
いま、ご経歴を訳していて、やっぱりお偉い方は上に向かって、出世街道まっしぐらだなぁ、と思いました。僕の履歴書は上に向かっている経歴ではなく、横に動いている感じ。「こいつは結局何になりたいんだ?」という感じの経歴です。これだからいつになっても偉くなれないわけです。

投稿者:H.Suto
Ad multos annos! 直訳「たくさんの年に向かって」
だと思います。自信はないけど。
意味的には「いつまでも!」でしょうか。
A.D.(Anno Domini 神の年、西暦)のAnno(年)ですね。
Multos は 多分 Multiplex(多層)などに通じる言葉ではないかと思います。

0531:H.Sutoさん
訳していただき、ありがとうございました。
勉強になります。

投稿者:brasil 70
紅蓮のポケットから迷い込みました。面白い記事なのでついつい読んでしまいました。
お節介ですが、H. Suto さんの訳で正しいです。For many years!です。ちょっとポルトガル語をかじったことがあるのですが、Multosはmuitosという言葉で残っています。(ある年代の)日本人に馴染みがある言葉としては、ベサ・メ・ムーチョのムーチョに通じます。(この場合スペイン語でしかも副詞ですが)たくさんキスして!という意味になります。
お邪魔しました。

0606:brasil 70さん
こんにちは、初めまして。
訳の補足、ありがとうございます。
やったー!なんて失礼な訳をしたら、どなたか助け舟を出してくださるかと密かに期待してました。もう2人の方から訳をいただきました。ありがたいことです。
これからもよろしくお願いします。
[PR]

by furtwangen | 2008-05-31 06:20 | 黒い森の小さな町


<< ミュンヘン7      ミュンヘン5 >>