2008年 06月 03日

新しい人

今日も平凡な日になるだろうと思っていましたが、それはちと違いました。

新しい人が入ってきたからです。

以前の記事で時計職人の求人について書きましたが、

その掲示できた人です。
僕が通ったマイスター学校の(多分僕より年上だが、学年的に)後輩で、名前は知りませんでしたが、お互い顔見知りで、今日最初に会ったとき「おー、あんたですか!」と心の中で思いました。

これは、労働環境としては大きな変化です。いままで、ヒラヒラのぺいぺい社員でいればよかったのに、今日からは、いや明日からはなんか彼にやることを与えないといけないです。

ただ、そういう上下関係は、この数週間だけだと思います。いろいろ周りの様子が分かってきたら、彼のほうが僕よりいろいろ動けるようになって、僕は再びぺいぺいに戻るでしょう。それでいいんです。そうなれば、「人に仕事を与える」なんていう雑事を考えずに済む。で、また設計や計測に集中できます。

というわけで、今日は予想外でしたが5時間くらい彼に僕の仕事を説明しました。
なんだか話によるともっと人員が補強されるそうで、僕の携っているこのプロジェクトが段々組織として動き出しそうです。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-03 07:25 | 黒い森の小さな町


<< 2日目でDu      ミュンヘン7 >>