シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 24日

またお呼ばれ

Oさんにお会いした土曜日。その後、僕の住んでいる町の最寄り駅Rottweilまで電車で帰ってきて、そこで、キング夫妻に拾ってもらう。行き先はまたもやリンクさんのおうち。夕食お呼ばれ。
a0207111_517244.jpg
キングさんの車はオープンカーで気持ちいい!
a0207111_5171274.jpg
それで、この日は休暇中のプチ上司クリスティアンも呼ばれていました。彼はもうリンク夫妻の家族みたいな感じで付き合っているから、こういうときにいるのはまぁ、当然な感じ。

以前も書きましたが、いつもはそのクリスティアンが夕食の用意をします。が、この晩は、キング旦那とリンク旦那の2人で作るということで、この2人が台所に立てこもる。クリスティアンは手伝っちゃいけないし、他の3人も手伝えない。
a0207111_5172260.jpg
このキング、リンク両旦那の力の入れようが分かるでしょ。
今晩のメニューです。ちゃんとカードに印刷されている。すごい!
a0207111_5173092.jpg
前菜がジャガイモとねぎのスープ
メインがソーセージの盛り合わせ、インゲンをベーコンで巻いたの、それに焼きジャガイモ。
コーヒー
デザートがグラスに入ったシュヴァルツヴァルト・キルシュ・アイス・トルテ

どれも男2人が命かけただけあって、超プロ級においしかったです。味だけじゃなくてサービスも完璧で、ツルツル頭のキング旦那が、レストランのボーイみたいに左腕を後ろに回して「コーヒーに致しましょうか、エスプレッソがよろしいでしょうか」って真顔で聞いてくるからおかしい。

ただ、気合が入りすぎたみたいで、夕方7時に2人が台所に入って、9時に前菜、11時半にメインディッシュ(笑)。前菜はお庭のテーブルでいただきましたが、待てども待てどもメインがこない。10時過ぎに庭のものを片付けて、居間に入る。ちょうどロシアとオランダの試合をやっていましたので、4人でそれを見ながら、こちらも一日の疲れがたまっていますから、みんなウトウト。

リンク旦那の「はい!食事だよ!!」という大声で、みんな立ち上がって、食事のテーブルへ。そこに座って待つこと30分。「どうして、こんなに時間がかかるんだろうね、7時から初めてなんで11時になっても出来ないんだ?」なんてクリスティアンがヒソヒソ声で話す。

デザートがきたのが1時くらいだったかな。ひとつ多めに作っちまったキルシュ・トルテのグラスをどーんとテーブルの真ん中において、「はいー!一番早く食べ終わった人、もうひとつ食べることー!」(リンク旦那)
「じゃ、ゆーっくり食べよぉ」とクリスティアン。
おいしい、とてもおいしいんだけど、もうみんな眠くて胃が動かないです(笑)。
結局僕が2つ目のトルテをいただきました。

0626:紅蓮さん
ご旅行中のブログ更新、拝見していました。フルトワンゲンまで到達されて、僕も嬉しくなりました。森の中のドライブはなかなか気持ちよかったんじゃないでしょうか。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-24 06:35 | 黒い森の小さな町


<< 水槽もらった!      日本からのお土産 >>