2008年 06月 30日

スペイン完璧!

一応ドイツ人のお家に招かれて、おいしい夕食をいただいた後の試合観戦ですから、僕はドイツを応援しました。
a0207111_353923.jpg
試合前の夕食前、ベランダで。今日もいい天気!

で、結果としては残念ながらドイツは負けちまいましたね。しかし、「ギリギリの試合運びだったけど、不運にして負けた」という感じではなく、スペインの方が圧倒的にうまかった、よくドイツは0-1程度で抑えることができたと思います。0-3とかになってもおかしくない試合運びだった。

前半10分くらいまでは、ドイツが押し気味で、出場の危ぶまれたバラックさんもいましたから、この体力が後半まで持てば、ドイツにも勝算ありかなぁと思いました。
a0207111_3531995.jpg
キングさんのお家。前回の時よりもさらに大きなスクリーン!
キングさんは自分の家に、小さな映画館をもっているんです。

しかしその10分で、相手の懐の深さを測っていたのかな、と思わせるスペイン優位の展開がその後続きます。守りが厚く堅く、なかなかドイツは前に出られない。一方スペインの攻めは人数こそ多くないですが、みなタイミングよくゴール前に突っ込み、あたふた気味のドイツの守備に比べて、スペインのFWは一人一人の存在感が大きい。センタリングをあげると、ちゃんとゴール前に突っ込むヤツがいて、おまけに裏から開いている空間に突っ込むのもいる。スペインの攻撃は立体的というか、厚みがある。ドイツの守備はもっとプレスをかけないと、あれではゴール前でやられ放題です。(逆にいえば、プレスを掛ける時間を与えないスペインの球回しの速さということ。)

試合運びではスペインが勝って当然と思いましたが、0-1の得点差だと、前半の何分だったか、スペインのゴールエリア内で、ハンドがあったように思うんだが。あのハンドを反則として取ってくれていたら、PKになって、1-1になってたんじゃないかなぁ、と個人的には...
a0207111_3533528.jpg
その映画館の部屋の前に用意してくださった飲み物バー。
色使いとかがいつもきれい。

まぁしかし、スペインはいい試合をしてくれました。攻めも守りもほとんど完璧だったんじゃないかな。ドイツはいろいろ学ぶことの多い試合だったんでないでしょうか。

僕の観たキングさんのお家は人口3000人の町ですから、ドイツが負けて本当に静かな夜でした(笑)
[PR]

by furtwangen | 2008-06-30 09:24 | 黒い森の小さな町


<< 砂利      2.語学について >>