シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 22日

僕のドイツ語力

牛の舌は1つで売っておりますが(と、なかなか舌の話をやめない)、豚の舌は小さいので3つで一袋。臭くても何でも攻めの姿勢で積極的に食べていかないと冷蔵庫の考古物になってしまう。
今日はコショウを買って、さらにニンジンとパセリを昨日のセロリとKnoblauchに加えて臭み対策を強化しました。が、スープの味が変わっても臭みはほとんど消えず。肉というものはそもそも臭いもので、だから社員食堂なんかで出てくる食事はいつもコッテリ、どっぷり、ソースがかかっているんだなぁ、というのが今のところの結論、悟り。

今日は午前中、会議室で工作機械の販売会社の人のプレゼンを拝聴。(とても面白かった)
午後は久しぶりの会議。かっこうよく言えば「行動計画戦略会議」ですが、情けなく言えば「いやぁ、お久しぶりさん会」。で、出席している人のうちの一人の言っていることが、よく分からない。なんで、この状況でそんなこといっているのかわからない。話はゆっくりじゃないし、はっきり話さないから、こっちは耳だけじゃなくて目でも話を聞いているくらい集中して話を聞く。でも、分からん。

会議が終わって他の二人と話していて分かった。彼らも分かっていないということを(笑)。「まったく重箱の隅をつつくようなことばかり言っていて、生産性がない」と。そうだろうよ、僕もそう思っていたんだ。眉をひそめる様なことばかりだったから。

おかげで明日は「どうでもよい」ようなことに時間を費やしそうで、いろいろブツブツ言いたいところですが、このブログが僕の欲求不満の発露になってはいけませんから、明るく今日の日記を締めるとすると、「僕のドイツ語力もなかなか捨てたものではない」ということです。細かいことはよく分からんが、おおよそ「彼はトンチンカンなことを言っている」というのは正しく理解していたわけで。そういうふうに前向きに考えないといけません。(と、自分に言い聞かせないといけないくらい、明日は「どうでもよい」ようなことに時間がとられるのであります、この忙しいときに、まったく。)

0722:珍しく暇人でなくなってきたので、しばらく更新をお休みします。

0728:元スイスの山村さん
お久しぶりです。マイスター試験前はいろいろ励ましのコメントをいただき、ありがとうございました。
先日、社長さんと雇用契約の延長の話がありまして、ほぼ間違いなく9月からも雇ってもらえそうです。今日から会社が、僕の労働ビザの更新手続きに入ったので、これでほぼ確実だと思います。契約書を見るまでは油断できませんが、たぶん無期限の雇用契約を結ぶことになります。そうなると定年まで、この黒い森にいるかもしれません。これまたちょっと恐ろしい話ですが。

「公明正大にして恥じることろがなく」、いいお言葉ありがとうございます。肝に銘じます。
[PR]

by furtwangen | 2008-07-22 07:49 | 黒い森の小さな町


<< コンパス      休暇と教育費 >>