シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 12日

申告のつづき

今日クリスティアンと話をしていて、サラリーマンでも車で出勤する人は、所得を申告する価値がある、と言ってました。

僕は毎朝、てくてく歩いて会社に行きますから、どうにも関係のない話ですが、彼の場合、毎朝36kmの道のりを車で来ます。

税申告の際、そのうち最初の20kmは考慮されないで、残りの36-20km=16kmの道のりに対して、1kmあたり30セントの税金が返ってくるのらしいです。(税金が返ってくるのか、課税の控除になるのか、ちゃんと聞いてなかった。)つまり、彼の場合、毎朝の車での出勤で、16km×0,3オイロ=4.8オイロの、まぁ補助が出ると言ったらいいのか(なんといったらいいのか、この辺が、お金のことさっぱりわからん所以です)

しかし、面白いことに帰路は考慮されないらしいです。仕事のために外出していたのに、帰りの走行はプライベートなドライブと解釈されるらしいです。

最近はなんだかパッとしなくて、あまり食欲がわかないときもあります。だからお昼はサラダだけで済ますこともありますが、社員食堂にはサラダバーがあって、好きなサラダ(ツナとかジャガイモのサラダとかお豆とかもある)を好きなだけ取れるので、最初はそうしていました。
しかし、横で食べているナディーンに言われました。「サラダバーのサラダは高い」と。それより、定食についているプチサラダのほうが安いと。定食にしなくてもその小さなサラダだけ取れる。量が少なくて、2つ、3つそのプチサラダを取ったとしても、サラダバーの一皿分の値段よりはずっと安いと。んー、なるほど、さすがナディーン。

ちなみにここの社員食堂は、同じ敷地にあるほかの会社の社員や職工さんも来ますから、食事の時だけ見る顔っていうのがたくさんいます。年配の方も何人かいらしていますが、あれは会社のOBだろうと、むしゃむしゃ食べながら思っています。
[PR]

by furtwangen | 2008-11-12 07:30 | 黒い森の小さな町


<< 今日はストットガルト      季節外れな所得申告 >>