シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 30日

リストラの現場(3)

出勤途中になんとなしに口から突いて出た、さだまさしの「道化師のソネット」のメロディーが、一日中ずーっと頭の中でぐるぐる回っていました(笑)

今朝は購入部のおばさんと会社の駐車場から建物まで一緒になって、ふだんほとんど話さないから、「今朝も寒いですねー」と言った後、会話が続かず(笑)しょうがないから会話を繋ぐ気持ちで「だんだん従業員が減っていきますね」って言ったら、そのおばさん、明日が最後だって!このおばさんはまじめに働いていたから、まさかリストラの対象になるとは思ってもみなかった。だから、びっくりしましたよ、「えっ!」って。勤労20年だそうで...

会社の廊下を歩いていると、小さな会議室の中がガラスの扉越しに見えるんですが、不運にリストラの対象になった人が、個別にいろいろな手続きや説明を受けているようです。そんなにじろじろは見ませんけどね、通り過ぎるときに、ちょっと白目で撫でるように覗く。

明日は月末最後の仕事日だから、明日が最後になる人が多いと想像しています。お別れの握手、抱き合ったりで、大変でしょう。そして、来月からは新体制のもとで新たなスタートを切ることになる、と想像しています。

そうだ、明日は会社にこの州のテレビ放送局(SWRかな?)が取材に来る予定です。リストラにより頭数が減っていますから、僕は久しぶりに白衣を着て、工房で「いつも手仕事してます」みたいな振りをする予定です(笑)朝はよく顔を洗って、綺麗なシャツを着ていかないといけません(って誰も僕のこと見てないでしょうけど)
[PR]

by furtwangen | 2009-01-30 07:27 | 黒い森の小さな町


<< 再スタート      リストラの現場(2) >>