2009年 03月 24日

ときにはミスも起きるわぃ

今日は、会社で僕のかなり大きなミスが明らかになりまして、なんとなく気の重い一日でありました。

しかし、僕もかなり人間がふてぶてしくなったようで、こういうとき、絶対に謝らないのです。自分でも悪いとは思うのですが、もう本能的に謝らない。たぶんこちらの人と接して、こういう嫌な性格になったのだと思います。

こっちの人って、その責がその人にあっても、何だかんだ言って、結局あやまらない人が多い。自分の過ちを他人に指摘されて、すぐに「ごめんしゃい!」って謝る人ってほとんどいない。特に仕事のとき。

なんだか素直に謝ると、自分から土俵を割っているような感じがして。がっぷりになって、どんなに土俵際まで寄られても、それでも謝らない(笑)。顔を真っ赤にして、寄られても寄られても、土俵際を割らないで(謝らないで)残っちゃう。今日はそんな一日でした。

まぁ、

ここからは愚痴ですが、

今日のミスは大きいけれども、確率論的にいうと、入社してからいままで大小いろんな決断をしてきて、そのうち0.1%の確率で「過ち」が起きるとしても、正直言って、もうちょっとミスがあってもいいように思うのですよ。今回のは確かに痛いけれど、ミスの発生率としては、もっと何かが起きてもいい。特に僕だけじゃなくて、他の同僚も、ほとんど経験のないことをやっているんだから、そりゃ、ミスのひとつや二つは起きますよ。(これが、僕がミスったときに、謝らないで反論する時の定番の内容!)

こういうマズイときこそ、ひるまずコツコツ働くのが大事なのです。
[PR]

by furtwangen | 2009-03-24 07:45 | 黒い森の小さな町


<< 夏時間へ      健康維持のために >>