シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 19日

カメラの買い替え

時計机の製作は完全に停滞しています。注文している脚が来ないからです。
だから、先に余った天板で台所の補助机を作りました。
a0207111_624661.jpg
作りましたというか、板をただ台の上に載せただけですが。この台は以前フライブルクへ引越す時に、大活躍してくれたゴロゴロ車付きの台です。この補助机には冷蔵庫には入れない食料のみを置こうと思っています。そうすることで、買い物に行くとき、何が不足しているか、ひと目でわかる。(それと、台所の机には56リットルの水槽がどっかり載っかっていて、そのために作業領域がひどく少なかったことも、補助机がほしかった理由です。)

ところで、そろそろカメラを買おうか考えています。その理由は、
a0207111_6241858.jpg
ご覧の通り、レンズにゴミが付いているからです。写真はその汚れを撮る為に、空を撮ったものですが、黒い点やイカリングのような輪っかがいくつもあって、レンズを拭いてもぜんぜんとれない。今年の始め頃は黒い点がひとつだけでしたから、見て見ぬ振りをしていましたが、まわりにイカリングが繁殖し始めると、見ない振りもしていられない。冬の帰国時に修理に出そうと思ったら、新品買ったほうが安いといわれたので、もうそろそろ新しいデジカメを買ったほうがいいのかなぁ、と思っています。

最近はやっている一眼レフのデジカメに心動かされますが、現実を考えるとあんな図体の大きなものを毎日もって歩くのは無理。特にブログのための写真機を考えると、機動性が一番。だから次もコンパクトデジカメを購入することになるだろうと思います。僕は時計の細かい、小さな部分の写真も撮りたいので、マクロ撮影が出来て、かつそのとき手動でピントを合わせられるのがあるといいと思っているのですが、なかなか「コンパクト」で「手動ピント」のカメラが見つからないです。

0420:きんさん
はじめまして。
教えてくださり、ありがとうございました。
とても、とても参考になり、興味を持ちました。なにぶんカメラのことがよくわからないので、リンク先を見てもすべての機能は理解できませんでしたが、コンパクトで手動のピントは分かりました。僕がいま使っているのもパナソニックのLUMIXですが、マクロ撮影時にピントを自動で合わせていると、一瞬ピントが合っても、結局合いませんでしたというような赤枠の表示になることがよくあって、手でピントを調整できたらいいのになぁ、と思うことしばしばです。
とても興味を持ったので、こんど都会に出たときに、家電屋で探してみます。
[PR]

by furtwangen | 2009-04-19 23:54 | 黒い森の小さな町


<< 歴代マイバッハ      時計机の続き >>