シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 06日

なかなか暑い

いやぁ、最近のドイツ連邦共和国は暑いです。少なくともこの黒い森の小さな町は暑い!

会社の作業場、朝は大きな窓ガラスから朝日が容赦なく部屋に降り注ぎます。その朝日が部屋からいなくなるのが、だいたい朝食休憩が終るころ。その頃から外の空気がだんだん熱くなってきて、昼前後でクラウディオが窓を閉め始めます。もうこれ以上窓を開けておいても、そとから熱い空気が入ってくるばかり。

しかし、同じ部屋にはレーザーの刻印機?がありまして、その機械を冷却するための装置が、ほぼ一日中フル稼働しいます。この冷却装置、レーザーの機械を冷やしているのはいいのですが、そのせいで部屋がモンモンに暑くなるのです。

それから、僕は金属加工のヤスリがけなんぞをしてます関係で、作業着を着てますが、これがまた暑い。少々厚手の白衣で、暑がりのクラウディオは、もうほとんど着てないです。上階で時計の組み立て作業をしているクリーンルームでは、もちろん白衣着用必須ですが、あそこはクーラーが入っていますから別世界です。僕らのところは、もっと油っぽい、金属クズっぽい作業をしていますから、白衣は必須ではないです。

でも、外部の見学者が我々の作業場に来るというときは、一応格好をつけるために、白衣を着ないといけません。そうなるとクラウディオは大変です(笑)。頭の髪の毛が吹き出る汗で、頭部にぴったりへばりついているのをみると、なんだか赤ちゃんの頭みたいで、かわいいような気の毒なような。

今週も暑いんでしょうか。トルコ出身の同僚は「このくらい暖かいと、私は元気が出る」とニコニコしていましたが、さぁ、今週はどうなることやら。
[PR]

by furtwangen | 2009-07-06 07:46 | 黒い森の小さな町


<< ジモーネのお誕生会      また残業の話 >>