シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 31日

まもなく新年

a0207111_763025.jpg
東京駅舎はいま復原工事中で、現状と復原後の駅舎の比較が工事現場の壁に記してあったので、それを撮ってきました。僕はこの駅舎の復原をひそかに楽しみにしています。

本屋に行くと、司馬さんの「坂の上の雲」関連の本がたくさんあるのに気づきます。NHKでこの小説をドラマ化して放送しているので、そういうことなのですが、本屋でそういう本棚を眺めていると、何でもかんでも「坂の上の雲」頼みな本が多くて、ちょっと滑稽な感じ。ここに来て沸き起こるように、そういう本が続々と出てきている印象を受けました。

それから今回帰国して、初めて知ったもの。それはeneloopという名前の電池。どうも充電できる電池のようですが、従来の充電池とどう違うのかよく分からず。ドイツにいた今月半ばまで、この電池のこと、まったく知らなかったです。

いま、テレビは紅白をやっている時間ですが、僕は騒がしいのが好きでないので見ません。代りに第九をやっていたのでそれを観ました。

そういうわけで、まもなく今年もおわり。
みなさん、よい新年をお迎えください。
[PR]

by furtwangen | 2009-12-31 23:56 | 黒い森の小さな町


<< 2010平成22年の寅年      水族館 >>