2010年 03月 08日

初めての餃子

定期預金だか定額預金だかの利率がまた下がりましたね。僕はSparkasseので見ていますが、一ヶ月前くらいにみた利率よりも場合によっては半分くらいになっちまっています。もうちょっと前から始めればよかった。

週末はくまさんのところで生まれて初めて餃子をこしらえました。いや、正確にいうと全部下準備をしてくださって、最後に中身を皮に包むのだけしました。
a0207111_431355.jpg
これが初めて包んだ餃子。多少引きつっているヤツもおります。餃子の右側はまぁまぁうまくいくのですが、左側は指先が思うように動かず、いつもうまく包み込めません。ですので、あるところからは「うまくごまかす」ように包むことばかりを考えています。でないと収拾が付かなくなります。しかし、中身のお肉とお野菜がとてもよく出来ていましたので、最終的には言葉には出来ないくらいおいしい餃子になりました。

それから金曜日にはくまさんご夫妻にIKEAに連れていって頂きました。IKEAには生まれて初めて行きました。お目当ての引き出しはイマイチだったので買いませんでしたが、台所用品をちと買いました。そしてカタログを貰ってきましたので、いま目を皿のようにして見ています。

明日は久しぶりに取説の翻訳を先ずやります。翻訳といってもたった一ページ分です。が説明書本体の前にくる「このたびはお買い上げありがとうございます」みたいな部分で、この最初の1ページというのは案外クセモノなのであります。というのは、その記述が説明書本体に出てくるような「ボタンAを押して下さい。表示が変わります。」みたいに具体的な描写ではなくて、多分に詩的、抽象的なのです。ドイツ語文の意味が分かっても、日本語では到底そんなことは言わないし、じゃあ、意訳としてどんな日本語表現が適当なのかとかと考え出すと、これはもう僕の貧弱なドイツ語力の問題ではなく、最近危機に瀕している日本語能力が問われているような状態になります。「困ったなぁ」と思っていても、会社ではだれも助けてくれませんので、しょうがないから電子辞書の広辞苑を引っ張り出して、あーでもない、こーでもないとうーうー苦しんでいると、いつの間にかお昼なって、なんだか頭が吹っ切れないまま、みんなでぞろぞろKantineに行く、ということになります。

0309:タワラジェンヌさん
隣でくまさんが上手に包んでいらっしゃいましたから、こちらも負けじと頑張りましたが、いつも最後は収拾が付かなくなり、「要は肉汁が出なければいい」などと心の中でブツブツ言いながら包んでいました。
このグラッシュはあっさりしていておいしいですね。野菜もたくさん取れるし、いいメニューを習ったと思っています。
[PR]

by furtwangen | 2010-03-08 07:39 | 黒い森の小さな町


<< ひどく寒い日が続いています      明日は選挙 >>