シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 28日

土曜日1600ドイツ-アルゼンチン

今回のWMにほとんど興味のなかった僕が、今日はドイツ-イングランド、アルゼンチン-メキシコの2試合をフルに観ました。両試合ともレベルが高くて、球回しの展開に引き付けられる感じです。それから片方は典型的なヨーロッパの試合で、20時半からのはコテコテ南米の試合でその性格の違いが、はっきり分かるのも観ていて面白かったです。16時からの独英戦は、エリート官僚がプレーをしているようなきれいな試合、片や南米試合は、球に対する執念の凄さ、粘りに粘る試合。

あと、両試合共に大きな誤審がありましたね。イングランドの明らかな2点目に対する誤審、それにアルゼンチンの1点目はAbseitsでしょう。誤審を含めて、サッカーとはそういうものだといわれれば、その通りだと思いますが、あれだけ明らかだと、イングランドにしても、メキシコにしても心穏やかではないでしょう。今後の改善すべき課題になりうると思います。

さらにもう一つ共通点をいえば、両試合とも重大な誤審があったにも関わらず、ドイツは3点差、アルゼンチンも2点差の大差をつけての勝利ですから、(誤審によって心理的な影響は否定できないが)勝った両国は後ろめたい気持ちなしに、今日の勝利を喜べるということがあると思います。(ドイツが3点目を決めたときに、良心的なドイツのファンは内心、ほっとしたのではないでしょうか)

これで、来週土曜日、ドイツ対アルゼンチンです。ワールドカップという感じになってきましたね。僕が最初にサッカーに出会ったのが、78年マリオ・アルベルト・ケンペス率いるアルゼンチンでした。当時は三菱ダイアモンドサッカーとかいう番組の録画フィルムしか動画がなく、サッカーダイジェストというタイトルだったか、そういう雑誌の5コマ、8コマくらいの写真を舐めるように見て、それを頭の中で動画にする。そうやってケンペスのプレーを脳に刷り込みました。長身で髪が長く、靴下はいつも靴のところまで下がっていて、脛はむきだし。あのケンペスこそが、僕にとってはサッカーの象徴で、つまり何をいいたいかというと、僕にとっては「(西)ドイツ対アルゼンチン」ほど、ワールドカップを象徴する組み合わせはないのであります。あの当時、ベッケンバウアーのサッカー教本も、何度も何度も見ていましたし。

今週は日本の試合もありますし、こりゃサッカー三昧の一週間になりそうです。
[PR]

by furtwangen | 2010-06-28 06:23 | 黒い森の小さな町


<< すごく暑いです。      久しぶりの更新 >>