2011年 12月 22日

歌舞伎鑑賞

先週末帰国、きょうは国立劇場で観劇。
真山青果の元禄忠臣蔵。明治時代の作で、実説に基づいた作品だそうです。
実際、仮名手本のような派手さがなく、地味な演出。
二幕目の「御浜御殿」、徳川綱豊(後の六代将軍家宣/ 中村吉右衛門)と富森助右衛門(赤穂浪人/ 中村又五郎)のやり取り、多少のユーモアを交えた応酬が、よかったです。観るこちらが、もっと予習しておけば、もっとよかったと思います。(Lumix DMC-FX9)
a0207111_18245693.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

0105:通りすがりの指圧師さん
おひさしぶりです、新年おめでとうございます。
時々、ブログを見てくれているんですね、ありがたいことです。
充実してないんですよ、休暇まで充実していると疲れますからね。
[PR]

by furtwangen | 2011-12-22 21:24 | 黒い森の小さな町


<< 尾山台      Konstanz >>