カテゴリ:自然 Natur( 6 )


2012年 04月 29日

タンポポと蜂

市内の公園を散歩。暑い日でした。(VR 105mm Micro)
a0207111_632297.jpg
セイヨウミツバチ(Westliche Honigbiene)かな? 後ろ足にオレンジ色の花粉だんごが見えます。
a0207111_6322381.jpg
蜜と花粉集めに大忙し。
a0207111_6331097.jpg
3枚とも: iso200, f/5, 1/2500s, 露出補正-0.3, 中央部重点測光, WB晴天, 手ブレ補正ON, トリミング

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

by furtwangen | 2012-04-29 06:40 | 自然 Natur
2011年 11月 28日

まもなく師走

霜とコケで覆われた陰湿な斜面で、唯一、顔の明るい方。(Micro 105mm)
a0207111_7155711.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

1211:紅蓮さん
お久しぶりです、コメントありがとうございます。
時々、そちらのブログを拝見して、お孫さんのかわいいお顔を拝見したりしてます。この水滴は氷のようですが、気温が決して低くないので、固体でいるか液体でいるか、雫としても非常に悩ましいところと思います。紅蓮さんは登山をなさるから、いろいろな植物をご覧になるのでしょうね。
[PR]

by furtwangen | 2011-11-28 07:41 | 自然 Natur
2011年 11月 26日

霜の結晶

せっかくMicroレンズがあるので、結晶が撮れるかと思って。
湿気の多い日陰で、気温は零度くらい。あまり覇気のない結晶で、息を吹きかけたら融けてしまいそう。
a0207111_19321295.jpg
a0207111_19332516.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

1127:cox-orangeさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
日陰なので、どうも活き活きした感じに撮れません。
街中では、日中になると霜もなくなります。
それにしても今年は暖かですね、もう11月末というのに雪なしです。
[PR]

by furtwangen | 2011-11-26 06:31 | 自然 Natur
2011年 11月 24日

霜の朝

毎朝、こんな感じ。 (Micro 105mm)
a0207111_6311523.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

1125:cox-orangeさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
写真、褒めていただき嬉しいです。
しばらくして雪が降ると、そこら中真っ白になって、こういう霜の写真が撮れなくなると思って、撮りました。
これからもよろしくお願いします。
[PR]

by furtwangen | 2011-11-24 06:35 | 自然 Natur
2011年 10月 02日

紅葉

新たに購入した105mm Microで。
a0207111_4345764.jpg
a0207111_4351488.jpg

[PR]

by furtwangen | 2011-10-02 04:34 | 自然 Natur
2009年 07月 21日

サンショウウオ

以前、礼子さんからのコメントで、「蛍とかはいませんか?」というご質問に対して、「イモリみたいなのがいます」と答えさせていただきました。

というのは、先週金曜日の出勤途中に、あんまり見たことのないイモリのような生き物を見つけたので、そうお答えをしたのです。あんまり珍しいから、会社遅刻覚悟で写真を撮りました。
a0207111_620569.jpg
これが、そのイモリらしきものです。

これを今日、会社のクラウディオに見せたら、Feuersalamanderという名前のSalamanderだと言うのです。

Salamanderはサンショウウオと辞書にありますから、たぶん写真のSalamanderはサンショウウオなのでしょう。

ただ、少し調べていくと「サンショウウオ」と「イモリ」は似ていて、もしかしたら「イモリ」の可能性もある。

「サンショウウオ」とは、サンショウウオ目のサンショウウオ科とオオサンショウウオ科の総称だそうです。一方、「イモリ」とは同じサンショウウオ目に属するイモリ科の両生類Lurchだそうで、Salamanderとは別に、ちゃんとMolchという単語が割り当てられています。

しかし、独和辞書を見ると、Salamanderには「イモリ」っぽい単語が載っていて、写真の両生類がFeuersalamanderという名前だからといって、「イモリでなくて、サンショウウオの仲間」と言い切っていいのかわかりません。

でもクラウディオの話や、ネットで調べると、少なくともこの黄色い斑点をもつ両生類はMolch「イモリ」ではなくSalamanderであることは確かです。このFeuersalamanderは体長が10センチ以上になるようですが、この写真のは5センチくらいだったので、たぶんこのSalamanderのお子さんなのでしょう。
a0207111_6212646.jpg
いやぁ、もしこれがサンショウウオだったら、僕は生まれて初めて自然のサンショウウオを観たことになります。こういう少し珍しいものが近くの小川に住んでいるというのは、いいことだし、ありがたいことだと思いました。

0721追記:
Wikipediaによると、このFeuersalamanderはイモリ科に属しているので、これはサンショウウオではなくイモリですね。ちょっと残念。僕はサンショウウオかと思って、少し心躍ったのであります。Salamanderという名前が付いていてもサンショウウオでないことがあるということが分かりました。

0817:礼子さん
同僚のクラウディオもすぐにその名前が出てきました。でも、まだ見たことがないと。僕もあれ以来見ていません。あのとき見つけたのは随分幸運な偶然だったのかもしれませんね。撮っておいてよかったです。
[PR]

by furtwangen | 2009-07-21 06:57 | 自然 Natur