<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 30日

危機一髪

ちょっとでいいから、忙しくても毎日ブログを更新したいと思っています。が、なかなか難しい。

昨日バスに乗っているときに、ちょっと先を女の子が飛び出してきて車に撥ねられそうになったのを見て、本当にドキッとしました。僕が乗っていたバスは2車線の左側、左折レーンで信号は赤、5,6台の左折待ちの車の後ろについていました。右側、直進レーンは信号が青だったので、車の流れはよかったです。対向車線は1車線で渋滞でした。その(イタリア人という感じの髪の長い)5,6歳の女の子は対向車線の向こう側の歩道から、滞っている車の間を走りながらすり抜けて、止まるかと思ったら、その勢いで直進レーンに飛び出したのです。バスは車高が高いですし、僕はその一番前に座っていたので、その子の動くがよく見えていました。彼女が飛び出したのは僕の右側を白い乗用車が通過するのを横目で感じた直後でした。車は急ブレーキをかけ、幸い事故にならず、その子の数十センチ手前で止まりました。その車は、彼女が道を渡りきっても、しばし止まっていました。運転手のショックと安堵がその止まった車の後ろ姿から察せられました。

僕は仏教徒ということになっていますが、こんなときは心の底から神様に感謝してしまいます。その子の飛び出しが、あと0,5秒遅かったら、直進レーンを走っていたその白い車の速度があと時速5km速かったら、と考えると、事故にならずに済んだこのことが、感謝すべき偶然だったと思わずにはいられないからです。

子供は周りの状況を気にせずに飛び出すもののようです。運転をなさっている方は、くれぐれも注意なさってください。
[PR]

by furtwangen | 2006-09-30 19:55 | マイスター学校@Schwenningen
2006年 09月 28日

そんなにじろじろ見るな!

不思議なことにここの町は、歩いていると、よくじろじろ見られます。いままで駄々を捏ねていた幼児が僕を見るなり急に静かになっちゃうとか、ボール遊びをしている子供が、そのボールを持ったまま動かなくなっちゃうなんて事は、どの町でもあることですが、ここでは大人までそういう状態、顔つきになります。僕の顔が典型的なドイツ人じゃないのは分かっているけど、東洋系の人たちはいくらもいるのに、なぜなのか本当に不思議です。僕はいままでにドイツ国内のいろんな街に住んだけど、こんなにじろじろ見られるのは始めて。特に信号待ちのときやバス停でバス待っているときの車からの視線はすごい!

僕の住んでいるSchwenningenという町は以前も書いたけど、Doppelstadt(二重都市?)Villingen-Schwenningenの片翼を成している町です。だから、例えばFreiburgに住んでいる人でも事情を知らない人は、VillingenもSchwenningenも同じような町だと思っています。しかし、住んでみれば分かりますが、Villingenという町は歴史も古く、文化的で小さいながらもこの辺りの長となり得る威風というものを街の雰囲気から感じ取ることが出来ます。そういう町ですから、そこでは、僕のことを珍しそうに凝視している人はほとんどいません。ところが、そこからバスで僅か15分しか離れていないSchwenningenはその街の様子をがらりと変えます。古い建物はほとんどなく、文化の欠けらも感じません。工業の町Industriestadtといえば、それなりに聞えはいいですが、僕の思うに、工業で栄えた時代はもう数十年前の過去の話で、いまは錆び付きながらも生き残っている過去の栄光(工業)に寄りかかりながら、要は住む家と日々の買い物に不自由しなければそれでいいと言わんばかりの街です。大卒などのエリートが住む町というよりは工場のラインで働く単純労働者の町といったらどんな雰囲気か、少し想像していただけると思います。

その町の雰囲気と、じろじろ見られるという事がどうにも関係があるんじゃないかと思えてなりません。
こんなに近くにある街同士でこれだけ雰囲気が違うんですから、本当に不思議ですし、パッとしない方に住むことになった僕としては、ちょっと残念です。

0930追記:
Manekneko様
そうですね、結局ここの人たちは外の世界を知らないんでしょうね。フライブルクから来た友達(ドイツ人)二人ともが、この町の雰囲気は異様だ、街を歩いている人の「顔」が違うと(僕もそう感じます)言っていましたから、この違和感は東洋人であるが故に持つものではないようです。こういう方たちとビールを飲み交わせるようになれればいいんでしょうね(笑)
[PR]

by furtwangen | 2006-09-28 05:13 | マイスター学校@Schwenningen
2006年 09月 26日

オアシスな授業

学校の時間割をもらって、いつも困ってしまうのは、その表に書き込まれている教科の意味がよくわからないことです。「国語」とか「算数」といわれればその授業の内容がおおよそ想像つきます。例えば今回の場合でいうと、Stilkundeなんていうのは、どんな教科だか想像がつく。ところが、例えばAuftragsabwicklungという教科は何をやるんだか分からない。だからどうにも訳せない。どなたかお分かりになる方いらしたら、教えてください。
そして、今日はInstandhaltungという科目がありました。この単語の意味は「維持すること」ということなので、時計の状態をいい状態に保つ方法を勉強するんだろうと想像していました。そうやって、この一週間は授業の前に、何が始まるんだ、といつも戦々恐々としていました。
そうしたら、なんだ、今日のは単純に算数の授業じゃないですか。実は先週の木曜日にも同じ名前の授業があって、そのときはコンピュータ室でCADの使い方の勉強をしました。こういう内容のどこがInstandhaltungなのかちょっと理解に苦しみます。KonstrukutionとかEntwurfという名前にすれば分かりやすいのにと思ってしまいます。

まぁ、教科の名前は置いといて、今日も授業の前は不安で不安でしょうがなかったけど、蓋を開けてみれば、算数だった。そのときのうれしいことったら、ありゃしないです。なぜかというとこちらの算数はめちゃくちゃ簡単だからです。その簡単さは以前このブログで6回シリーズで書いたのでお時間のある方はご覧下さい。僕はドイツ語が出来ないから、理論の授業にしても、実技の授業にしても、いつも神経をビンビンに張って授業を受けているんです。なのに理解度はクラスの中で一番悪いでしょう。この潜在的な劣等感の毎日のなかで、算数の授業があるとは、どれほど大きな救いでしょう。この時間ばかりは、ほとんど言葉の問題もなく、僕は余裕綽々です。授業早々に配られたMathematik Wiederholung算数復習というプリント33問、およそ20分の時間をくれました。僕はまぁ、4分で終えられました。これは別に僕だけでなくて、日本人なら誰でも4,5分で解ける程度の問題です。そのあと、ゆっくり答えあわせをしているんですが、みんな見たこともないくらいまじめに黒板に書かれたことをノートに写しているじゃないですか。いやぁ、この時の優越感ったらないですね。毎日劣等感だけで生きていたら、精神が参っちゃいますから、週に一度だけ優越感に浸れるこの授業は、本当にオアシスであります(笑)

追記:ビザの申請してきました。ともかく用意した書類を全部受け取ってくれましたし、追加書類の指摘も受けませんでした。2週間後にパスポートを取りに来るようにいわれました。
[PR]

by furtwangen | 2006-09-26 04:47 | マイスター学校@Schwenningen
2006年 09月 25日

背伸びをしすぎた

先週学校が始まっていろいろなプリントをもらってきました。時間割や学校の規則、工場での規則などです。そんなわけで読まなきゃいけないものが山とあるのですが、その中でも最重要で、読んでいくとどんどん気が重くなっていくものがあります。それはマイスター試験の実施に関する通達(Verordnung ueber das Meisterpruefungsberufsbild und ueber die Pruefungsanforderungen in den TeilⅠund Ⅱ der Meisterpruefung im Uhrmacher-Handwerk)というような内容の法律条項なんだかよくわかりませんが、とてもそれっぽく書かれたプリントです。なんというか、もしマイスター学校に入る前に、またはドイツで職業Ausbildungを受ける前にこの通達を読んでいたら、たぶん尻込みしてドイツに来なかっただろうと思うくらい、試験内容が広範囲です。マイスター学校に来たのはちょっと背伸びをしすぎた感じです。でも、もう入学してしまったのだからしょうがありません。いままでの経験不足を感じてしまいますが、僕の人生においていまが最もマイスターになれるチャンスのときとも思っていますので、どの段階の試験で振り落とされるか分かりませんが、それまでひたすら突き進むのみと思っています。まだ、上の通達、読み終わっていないのでこれからまた先を読みます。あぁ、気が重い。

0925追記:
スイスの山村様
励ましのコメントありがとうございます。
本当にありがたいです。
弱気になって、この苦労を1年後、2年後に後回ししたところで、僕自身や周りの状況は好転しないでしょうから、ともかくやれるだけやろうと思っています。
[PR]

by furtwangen | 2006-09-25 06:13 | マイスター学校@Schwenningen
2006年 09月 23日

ドイツ語講座やめた!

VHS市民大学のドイツ語講座に行こうか考えていましたが、行くのやめました。
今週一週間学校に通って、こりゃ忙しい!、と感じました。勉強する内容自体は決して高度なことはありません。それこそ、いままでやっていたことをちゃんと勉強していればいい感じです。ただ、「ちゃんと」です。あやふやな知識は許されない感じです。マイスター学校で難しいことは、勉強の内容でなく、絶対時間が少ないことです。マイスター試験まであと28週間しかありません!一年間ないのです。ですので、VHSの講座に行っている場合じゃないです。
それと、僕の場合、日本語に接する機会は(このブログ以外)ぜんぜんありませんが、ドイツ語に接する機会は山ほどあるので、あえてドイツ語講座に行かなくても、読んだり話したりする機会はいくらでもあります。ひどい文法でも、言いたいことが伝わればOKなのが職業訓練学校のいいところです(笑、そんなこと言っているから、ドイツ語力が伸びないんですよね)
[PR]

by furtwangen | 2006-09-23 18:05 | マイスター学校@Schwenningen
2006年 09月 22日

UnternehmenとFirma

今日は全部で4つの授業がありました。
最初の授業はBetriebsfuehrung企業経営という授業です。
ザクセン出身の若い先生で、分かりやすい話し方でとても助かります。
そもそもUnternehmenとは何か、というのが今日の内容です。
「UnternehmenとFirmaとBetriebはどう違うかなぁ?いつも会話のときはあんまり気にしないでごちゃごちゃに使っているよね。」と先生。僕だけじゃなくて、ドイツ人でもなんとなくごちゃごちゃしてるんだ、とちょっと嬉しくなりました。そして
Unternehmen: eine Organisation, die durch Taetigkeit Gewinn erwirtschaften will.(仕事によって利益をあげる組織)
Firma: Nur der Name des Unternehmens(ただ単純にUnternehmenの名前)
Betrieb: der Ort, an dem die Taetigkeiten stattfinden(仕事が行われる場所)
だそうです。なんだか、分かったような気がします(笑)
3つ目の授業Stilkunde(各時代の様式のお勉強)の時間は近くにある時計産業博物館にみんなで見学に行きました。
朝が早くてまだ慣れないので、昼食後は必ず睡魔におそわれます。
[PR]

by furtwangen | 2006-09-22 05:42 | マイスター学校@Schwenningen
2006年 09月 21日

マイスター学校への進学について  

今日頂いたManeknekoさんからのコメントに対するお返事をもって、今日の日記とします。

こりゃ、大変なところに首を突っ込んでしまったなぁ、というのが初日の正直な感想です。
今日は朝7時40分から50分間の昼休みを挟んで午後の4時40分までみっちり、先生の話を聞かされました。相変わらず、先生の話がよくわかりません。もっとドイツ語がんばらないと...(ドイツ語自習室拝見してます。)でもいいこともありまして、以前よりフェリックスは言語障害の僕を世話するのがすきなのですが、今回知り合ったフィリップも随分の世話好きです。僕はドイツ語が駄目ですが、世話されるのが上手いです(笑)

マイスター学校に進学する生徒は年々減っていると思います。
Uhrmacher時計職人は、もはやマイスターの資格がなくても独立できます。マイスターでないと出来ないことは後継者育成だけだと思います。つまり、時計職人として生きていくためには、たとえ家業を継ぐ場合でも、もはやマイスターになる必要はありません。そしてもうひとつ進学を渋る理由があります。それは学費がかかり、その間仕事が出来ないということです。Geselle職人になるためのBerufsfachschuleは、望む人はだれでも最低限の技能を習得し、職を得ることができるという観点から、学費がかかりません。お金がなければ工具を買う必要もありません。しかし、マイスター学校は、変な言い方になってしまいますが、マイスターにならなくても職はあるのに、さらにマイスターという称号を得たいという贅沢な欲求を満足させるための学校なので、学費(教材費+必要経費)を払わないといけません。(といっても学費自体は日本の大学の学費ほどではなく、ちょうど自動車学校で免許を取るとき同じくらいです。)さらにマイスターになるつもりなら、必要最低限の工具は自分で買い揃えることを承知してないといけません。日本人と違ってドイツ人は学費を払うということに大変な抵抗感をもっていますから、この学費のことだけでも大きな問題でしょう。
[PR]

by furtwangen | 2006-09-21 03:44 | マイスター学校@Schwenningen
2006年 09月 20日

学校初日

今日は初日ということで、遅めの10時に集合。
クラスは全部で10人、うち5人は僕の卒業したフルトワンゲンの時計学校の同僚です。
ハンブルクから来たベルトラムという男の子と昼食を取りました。ハンブルクにもマイスター学校があるだろうに、なんでここに来たのか訊ねたら、その学校に出願した生徒が少なすぎて開校しなかったこと、それとハンブルクやベルリンの時計学校は程度が余り高くないし、州の予算が少ないと。Baden-Wuerttemberg州はお金持ちで、学校のレベルも比較的高い、だからいい先生にもめぐり合えるだろう、だからここへ来たんだと言っていました。
明日はちゃんと7時40分から学校です。職人さんの世界は朝が早いです(涙)
[PR]

by furtwangen | 2006-09-20 04:08 | マイスター学校@Schwenningen
2006年 09月 19日

日と独のMr.ビーン

明日から学校が始まるためかもしれませんが、今日は本当に憂鬱な天気でありました。おまけに僕は地下室に住んでいますから、昼間でも部屋が明るくならない、なんか萌やしになりそうです。
先に外人局でもらったZettel紙っぺらをもって午前中、住民登録してきました。このZettelの威力は絶大で、もうそれだけでほとんど質問もされずに、とてもfreundlichで、あっという間に登録完了であります。これで、ビザの申請に専念できます。

さっきテレビでMr.ビーンの短編コメディやっていました。海岸に下りてきて、海水パンツに穿き替えようと思ったら、隣に人がいて、しょうがないからズボンの上から海パン穿いて、それからズボンを脱ぎ取るという話。僕が日本でそれを観たときはそこでおしまいでしたが、さっき観たのはその後があって、隣で日光浴していたそのおじさんが、すくっと立ち上がって、左手に握った白い棒を頼りに歩き出す(実はこのおじさん、目が不自由だった)。そんなら、普通に海パンを穿きかえればよかった、という落ちがついていました。この落ちの部分が日本ではカットされて放送されていたと思います。目の不自由な方から観れば、少しも面白くないというところでしょう。日本とドイツの文化の違いを感じました。
[PR]

by furtwangen | 2006-09-19 06:55 | マイスター学校@Schwenningen
2006年 09月 18日

今週から学校

僕の住んでいる州は今日までが夏休みで、明日から学校が始まります。ずいぶんのんびりしているとお思いでしょう。まったくその通りで、言い訳の余地なしですが、それでも少し言い訳させてもらうと、夏休みが始まったのが8月3日からと、今年は少し遅かったんです。ちなみに僕がいくマイスター学校はあさってからです。

明日はAnmeldung住民登録してきます。先週金曜日にVillingenの外人局へ行きました。在学証明書もなく、AOK健康保険組合員の証明書もないので、なんにも事が進まないのを承知で行きました。まぁ、少しでも早めに外人局に顔を出しておいて悪いことはないと思ったんです。そうしたら、すばらしい進展があったんです。滞在ビザはもちろんまだもらえませんが、

a0207111_8172637.jpg

こんな紙っぺらをもらったんです。「ビザがないからAnmeldungが出来ないんだけど...」って言ったらくれました。明日はこれを持ってBuergeramtにいけばAnmeldungが出来るはず。

学校が新しくなるといろいろ手続きがあって大変だけど、でも3年前に時計学校へ通うためにドイツに来たときのことを思えば、ずーと楽だ。あの時はまだ、AOKにも加入していなかったし(というか、AOKってなんなのか知らなかった)、銀行口座もなかったし、なんたってどこへ行っても、何言ってるんだかよくわからなかった(いまもよくわからないけど(笑)。学校の、例えば授業がどういう価値観で進められるのか、進むスピードとか、それから外国語としてのドイツ語ならいままでいくらも勉強したことはあるけど、国語の授業って何やるんだとか。僕にとっては日独の国の違いと同時に、大学と職業訓練学校の文化、価値観の違いに毎日振り回されつづけた感じでした。
でも、いまはビザの取得に関しても、だいたい訳が分かっているし、これからマイスター学校が始まるといっても、おおよそ学校の様子や先生たちの気質は想像できる。だからもうあんまり心配なことはない。(と自分にいい聞かせないではいられない程いま不安なのであります(笑)

あと、Volkshochschule市民大学のドイツ語講座に行こうか、ちょっと考えています。夏までいたフルトワンゲンにもVHSのドイツ語講座はあったんだけど、初級と上級の2つだけで、ぜんぜんシステマティックな授業じゃなかったし、先生もドイツ語を教えるのが好きな地元の幼稚園の先生みたいのが先生で、まったく外国語としてのドイツ語を教えるには不適当な先生だった。でも今回移り住んだこの町は人口8万人もあるだけに、VHSの案内書をみると、Grundstufeが5つ、Mittelstufeが1つ、計6つも講座がある!(日本語講座もある!)それにGoethe-Institutの試験に貢献する方向で講座が設置されているから、講師も幼稚園の先生じゃないだろう(笑)。
ただ、マイスター学校はVHSの講座に通っていられないくらい忙しいと思うので、本当にそのドイツ語講座に行くかはまだわからない。でも今週火曜日の夕方にコースの振り分け試験がシュヴェニンゲンのVHSであるから、それにはちょっと行ってこようかと思っています。
[PR]

by furtwangen | 2006-09-18 06:29 | マイスター学校@Schwenningen