<   2007年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 30日

小銭入れをなくした

いま、仕事は「生みの苦しみ」。

僕にとって腕時計の中身を設計するのは初めてだからなおさら苦しい。今週はじめに先生に会ったときに、おおよそこういう風な感じでデザインしてといわれて、見せられたのがほんとに一筆書きの一本線。もちろんそれで、彼のいいたい雰囲気はわかる。が、それをあの小さな腕時計の空間に実現するとなると、正直苦しい。

僕の後ろに座っているハンスは文字盤と針の専門デザイナー。その彼が教えてくれた、ともかく頭で考えてないでどんどん図面に落とす、そして印刷なりして目で見てみる。そうやってどんどん改良していくんだよ、と。確かにそれは正しい。頭の中で想像して、こりゃダメだ、なんて思っていても始まらない。ダメもとでいいからCADでどんどん具体的に3次元化していく。そうすると、思っていたほど悪くないじゃないか、ということになったりする。

それと、デザインの最終決定権は僕には無いわけで、そうなると僕の役割はできるだけたくさんのデザインの可能性をVorschlag示すこと。いいとか、悪いとか、そんなことは新米の僕が考えることじゃない、ともいえる。逆に忙しい先生の立場からすれば、君のデザインを持って来い!って言って、僕がこれがいいと思います、なんて言って、ひとつしかデザインを示せなかったら、やってられないだろう。ダメなデザインばかりでもいいから、たくさんの可能性を示せれば、これがいいとか、全部却下とかいう議論のたたき台になる。

ただ今日ちょっとうれしかったこと。その一筆書きのデザインに角ばったところがあって、それをどうにか実現させようと今日までがんばってきた。しかし、どうもしっくり来ない。先生がそういうのを示したから、それを尊重する意味で、その角ばった部分にこだわってきた。しかしデザインしながら、その角ばった部分は全体に似合わない、できればそんなものは無いほうがいいなぁ、と思っていた。
だから、今日は僕が最後まで設計部で働いていたんだけど、帰宅ちょっと前に先生が来たので言いました。「僕はこの角ばった部分が気に入らない」と。そしたら「僕も」って先生がいった。やっぱり感性が同じなんだなぁと思いましたよ。このデザインのアイデアは確かに先生から来たんだけど、僕はそんなことでは腹は立たない。具体的に3D化したから視覚的にその調和の無さがはっきりしたんだから。それより彼の感性を共有できているということのほうがうれしい。彼のその一言で、明日やることが決まった。

調子にのって前置きが長くなってしまいました。小銭を入れている財布をなくしました。一昨日の朝、Apfel Zimt Berlinerを買うときはあったのに、夕方Lidlで買い物のとき、レジで無いのに気づきました。少ない小銭でそのベルリナーを買ったので、その財布に残っているお金は いちおいろ より少ない。だから経済的損失はほとんど皆無。でも、その小銭入れ、以前日本のどっかであったピカソ展で買った、なかなかいいものだったので、それが残念。
[PR]

by furtwangen | 2007-11-30 07:14 | 黒い森の小さな町
2007年 11月 29日

瓶捨てコンテナ

会社ではほとんど体を動かさないのに、今週は毎晩グッタリ。
まだ風邪気味ではありませんが、設計部はライバーさんが月曜休みで、火曜からゴッホゴッホ深い咳をしながら仕事再開、フックスさんは月曜から休みで明日も来られない。クリスチャンもダウンで今日で病欠三日目。

今の時期、僕にとっては大事なので、気合で乗り切る、なんて思っていますが、そのために夜は早く寝るに限る。

ということで、今日は長文書きません。
前の土曜日にいつもと違う散歩道を通ったら、ついに見つけました!
a0207111_6484357.jpg
ガラス瓶を捨てるコンテナ。僕がここへ引っ越して2日目だったか、かけ布団を買ったベットセンターの駐車場の端にありました。引越し以来このコンテナが見つからなくて、変な町だなー、ここにはビンの捨て場所が無いのか?なんて少し腹立たしく思っていました。
a0207111_6485770.jpg
白いビン用のコンテナ(白ってもちろん無色っていう意味ですよ)
Werktagenっていうから祝日を除く月曜から土曜までの8時から19時まで捨てていいと書いてある。ビンをコンテナに投げ込むと、すでに捨てられているビンの上に落ちるわけで、そのとき、いちいちガチャーン、カチャーンっとなるわけです。そうなると、近くの住人には非常な迷惑となるわけで、そのためにこのように時間制限をもうけているのです。そうじゃないと、日曜日なんてごみ捨てたくなるからね(笑)地域によっては土曜の午後もうダメなところもあると思います。
他に茶色と緑のビン捨てコンテナがあって、どこでもこの3つのコンテナが並んでおいてあります。
[PR]

by furtwangen | 2007-11-29 06:47 | 黒い森の小さな町
2007年 11月 26日

ちょっと恐い森の散歩

先週からインターネットをダイアルアップからDSLに乗り換えました。あまり高速でないDSLへ乗り移ったので、驚くほどには速くありません。まぁ、それはいいのですが、それ以来普通の電話が使えない。今日も2時間ぐらいいろいろやってみましたがダメ。DSLに乗り換えても今までのアナログ電話機は使えると思うし、そのための設定というのは特にないと思うのですが、電話機から聞こえるトーンは通話中のときに聞く、ぷーっ、ぷーっ、ぷーっというのばかりで、電話がつながらない原因がどこにあるのかそれをまだ特定できない。(接続は壁に着いた電話のBuchseからSplitter→DSL Routerと来てそこに並列でPCと今までに使っていた電話機を接続。通話中のトーンが聞こえているということは…何を意味するんだ??)

さて、今日もお散歩に出ましたよ。家でじっとしてると体にカビが生えるといけませんからね。天気は朝から曇り、小雨が降ったりやんだりで温度計の気温以上に肌寒い。おまけに今日は日曜日だから町に面白いものがない。「これでも外に出るかあ?」なんて自分に挑戦状を突きつけて、出発です。目指すは森の中。前から行ってみたいと思っていた見晴らし台を目指して。

しかしこの行軍はちょっと失敗でしたね。道もよくわからず初めての森に一人で入るっちゅうのはちょっと感心できないなぁ、なんて思いながら、薄暗い森の道をとぼとぼ。
a0207111_6413726.jpg
こんな天気じゃ、見晴らし台についてもいい景色じゃないだろうし、なんで僕はこんなところを歩いてるんだぁ、なんて思いながら。
a0207111_6422159.jpg
会社のライバーさんがこの青いひし形の目印を見失わずに歩いていけばその見晴らし台にいけるといってたので…。
a0207111_6423927.jpg
途中にあるチャペル。森の散歩道にはその脇にときどきこういうミニチュア教会みたいのがある。
a0207111_6425198.jpg
日本だと道端にお地蔵さんがいるけれど、こちらはキリストさん。寒そ。
a0207111_6431649.jpg
前後の近遠で巨大なモミの木が浮き上がって見えてきたりすると、もう一人で寂しいというよりは恐い、足早にそこを通り過ぎたくなるような衝動に駆られる。

結局、「あと0.1kmで見晴らし台」という矢印案内まで見つけたんだけど、えー、この崖の下!ってな感じのところで、そんな崖下まで降りる間に、湿った落ち葉に足を滑らしたりしたら大変だから、もうちょっといい天気の時に来ることにして、今日はそこまで。ちょうど雨も強くなってきたし、それから方向感覚の悪い僕がこれ以上突き進んで帰ってこれなくなるとけないから。

もうちょっとお日様の出ている暖かい、明るい日に行くべきだと雨の降る帰路、骨身に染みて思いました。
[PR]

by furtwangen | 2007-11-26 05:14 | 黒い森の小さな町
2007年 11月 24日

雨の日

今週はじめにボタン電池を入れ替えて、デジタル温度計を復活させました。今週の初めは朝2度以下でしたが、昨朝が5度、今朝が7.8度。これだと手袋はいらない感じ。

だけど朝、家を出るときはゴタゴタしてますから、「今日は手袋を持っていかなくてもいい」なんていちいち持ち物を選別してられないのですよ。手袋も、それから盗人が銀行強盗のときに使いそうな帽子もいつもの真っ赤なジャンパーのポッケに入っていて、ともかくそういう一式ごっそり持って家を飛び出る。それで外に出て「おー雨だ、傘、傘、傘!」なんてぶちぶち言いながら、もう一回部屋に戻って傘をとってくると。そうやってどんどん朝の貴重な時間をロスる。
a0207111_2013133.jpg
で、帰りに買いものをしますが、そのスーパーに入るまえに、帽子と手袋を取って、ぬれた傘をしぼませて。それで、お会計のところでまたゴタゴタ。いろんなポッケに手を突っ込んで、これは手袋だ、これは帽子だのと手探りでお財布を探す。あれ、今日はお財布持ってこなかったか?なんて思ったら、リュックサックの中にあったり。そうこうしているうちに立てかけてあったよれよれの折りたたみ傘が、湿ったままボテッと倒れてくれたり。

この週末は天気どうなんでしょう。少しは晴れてくれるといいんですが。
a0207111_20131714.jpg
40倍で撮った時計の一部分。赤いのがルビー。だいたいこの直径が1mm。

1125追記:
H.Sutoさんがお持ちの双眼拡大鏡(とでも言うのでしょうか)と同じで、その片方の接眼レンズにデジカメの対物レンズを近づけて撮っているだけです。本当は両眼でみるともっと明るくて立体感がって、ミクロな別世界が広がっていますが、それがなかなか写真では伝えられないのが残念です。ちなみにアタッチメントもなく、毎回そうやってせこく写真を撮っていたことが時計学校時代の先生にいたく感銘を与えたようで、それが卒業時にもらったPreis fuer die beste Werkstattleistungの受賞理由です(笑)
[PR]

by furtwangen | 2007-11-24 07:11 | 黒い森の小さな町
2007年 11月 23日

ベルリナーな幸せ

こちらには、ベルリナーというあげパンみたいなのに砂糖がまぶしてあって、なかにジャムが入っているのがあります。食べ終わると指先に砂糖が引っ付いていて、それをペロペロ最後になめる、そしてきれいになったのか分からないあやしいその指で砂糖が落ちたかもしれないセーターのお腹の辺りを掃ってみたくなる、そんなあげパン。不思議なパンで、どこで買ってもベルリナー(ベルリンっ子)といいます。

僕はほとんど毎朝、パン屋の開店と同時にそのベルリナーを買います。ただ、単純なベルリナーじゃなくて、アプフェル・ツィムト・ベルリナー(カタカナで書くと本当にいらつく単語)訳すとリンゴと...なんでしたっけZimtって日本語で...のまぁあげパンで、普通のベルリナーの横に並んでいます。値段は一個1.1オイロで、たぶん普通のよりちょっと高め。

で、僕はすっかり顔を覚えられちゃってます。その時間にパン屋に入ると注文も聞かずにそのベルリナーをつかみだす。けど、僕は1つだけ買うときと2つ買うときがあるから、その個数だけはちゃんと耳を立てて聞いている感じ。

本当は、普通のベルリナーの方が安いから、そっちを買うようにしたほうが貯金が貯まるんだけど、あの中にあるリンゴが好きでねぇ。朝九時に朝食ということで、会社の机でそれを食べるんだけど、その間の数分間、コンピュータの画面から目を離して、新しい朝の空気を窓越しに見ながら、そのリンゴをほうばるのは、なかなか幸せなんですよ。その幸せを買ってるようなもので。
a0207111_20102994.jpg
もう明日金曜日ですね。
明日は僕なりにやることが明確にあるのですが、今日は帰宅前に今日までの仕事の結果をプリントアウトして社長さん達に渡しておいたので、明日はそのことでまたなんか言われて、予想外のことをやることになるでしょう(笑)それが世の常。僕もそれなりに人生踏んでますから、自分が想像しているようには一日がすすまないことくらい知ってます(笑)
[PR]

by furtwangen | 2007-11-23 07:06 | 黒い森の小さな町
2007年 11月 22日

町の大きさ比較

僕の住んでいる町がどれほどの小ささなのか、他の町と比べてみようと以前から思っていたので今日はそれをします。ぐーぐるアースさんからの引用で、すべて4km上空からの写真です。(標高を考慮してますので、単純に街の大きさを比較できます)
僕がお世話になった町から順番に行きましょう。
a0207111_19595994.jpg
鎌倉、生まれ育ったところ。海があるねー。こっちには海がない!
a0207111_2002174.jpg
東京、日本での最後の住居地。
a0207111_2004282.jpg
我が第二の故郷Freiburg、僕にとってはとても意味深い街。
a0207111_2011043.jpg
Potsdam、ここに造船研究所があってそこで企業研修をした。
a0207111_2012415.jpg
Furtwangen、ここにドイツ最古の時計学校がある、ここに3年もいた(笑)
街の輪郭がタコが脚を拡げたような形をしている。
a0207111_2014592.jpg
Stuttgartこの州の州都、日本の名誉領事館があって、旅券を発行してもらった。
a0207111_2021511.jpg
そしてこれが僕がいま住んでいる町。以前書いたTal谷間の町っていうの、分かっていただけるでしょか。周りが山というか森に包囲されていて、もうここへは電車も嫌がって来ない。
a0207111_2024432.jpg
参考までに、こちらフランクフルト国際空港。このデカさ、ちょっとショック!僕の町より大きい!

080426:紅蓮さま
標高を考慮してこれだけの写真をそろえるのは案外大変でしたから、そういって頂けるとありがたいです。Stuttgartもいい町ですね。ご旅行中天気がいいといいですね。天気のいいドイツは最高です。
[PR]

by furtwangen | 2007-11-22 06:38 | 黒い森の小さな町
2007年 11月 21日

今日は駄目だった

昨晩もあまり眠れず、2時と4時と5時に目が覚めて、最後は6時。おかげで今日は駄目な一日になってしまいました。
午前中は、超小型の歯車を作ってくれる会社のセールスマンが来て、設計に関係している我々に説明会がありました。その辺りまではよかったんですが、昼食を食べ終わって2時頃から、ものすごい睡魔。いかんねー。歳なのかね。
また木曜日に先生に仕事の進捗状況を見せることになっているので、明日はもっとちゃんとやらないといけません。
あー、今週もあっという間に過ぎるなぁ。

1121:ZTM おおかわさん
お久しぶりです。コメント頂いてなんだか勇気付けられました。ありがとうございました。眠いときは15分でも寝かせてくれれば頭脳がすーっと晴れわたるのに、会社でそうやって寝入っている人がいないので、どうもやりにくいです(笑)
[PR]

by furtwangen | 2007-11-21 07:23 | 黒い森の小さな町
2007年 11月 20日

美しさを学ぶ

昨日働けなかった分、今朝は早起きして7時前にはもう仕事を始めました。今日のいつだか分からないけど、先生がきて僕の仕事の途中経過を見に来るから、少しでもマシなものにしておかねば、と思って。

で、基本的には満足してくれたんじゃないかなぁ、ってな感じだった。つまり明日から更にどういう方向で仕事を進めるか話し合えるだけの材料を調えておけたというか。

僕は先生の言っている事がよく分からないときは、すぐにスケッチを描いて、「こういうことですか」って聞く。そうすると、「いやいや、...」って彼も図を書き直していろいろ説明してくれる。全体として非常にいい雰囲気で仕事が進んでいると思う。

そして今日一番ためになったのは、軸受けに使うルビーの美しい使い方を学んだこと。いろんな上等な時計の写真を指しながら、ルビーの大きさ、でしゃばり具合、どういう風に見えたときに最高なのか、そういう彼の美意識を聞けたこと。これこそが、ドイツで修行をしている最大の目的なのです。以前もこのブログで書いたけど、技術や知識は日本で学べる。だけど、どういうものを美しいと思うのか、どういう状態が美しいのか、そういうのは、やっぱりこちらの人からじかに見聞きする方が絶対にいい。そして幸い、その先生の美意識が僕のそれとほとんど方向を同じくしている。これは想像だけど、先生が僕のことを「こいつは使える!」と思ってくれたのは、マイスター学校で、僕の作品の構想図を示したときだと思う。なぜなら、彼も昔同じような置き時計、つまりつまらない飾りなどを排除して、時計として基本的な機能を丁寧に作る、そしてそれを「見せる」、そういう時計を以前に作っていたんです。それを後で見せて貰ったときに、時計の形は違うんだけど、全体の雰囲気、印象がとても似通っていて、「先生もこういうのを美しいと思ってるんだ」ってそのときビックリしたのを覚えています。僕の仕事の能力は別にして、美に対する方向性を共有できると彼はそのとき直感的に思ったと思う。だから彼が時計に対して持っている美の意識に違和感を持ったことがなくて、本当に勉強になる。

といことで、毎日仕事が楽しくて、眠れないんですねー(笑)これ、笑い事じゃなくて、このままいくと近いうちにダウンするなぁ、と今日思いましたよ。楽しいけど、同時にとても疲れますから。

話は変わりますが、毎晩の巡回先のブログで「ナメクジ」を扱っているのがあったので、僕も負けじと秘蔵のナメクジ写真を掲載します(笑)。そんなの気持ち悪い方もおいででしょうから、興味のある方だけ、続きMoreをつっついてご覧下さい。

More
[PR]

by furtwangen | 2007-11-20 07:55 | 黒い森の小さな町
2007年 11月 18日

休日出勤断念(笑)

今日は初めて日曜日に働いてやろうと思って勇んで会社に行きましたが、会社の建物に入れませんでした(笑)会社に行く朝はいつもコーヒーを持っていくのですが、今朝コーヒーを入れながら、「ん?もしかして今日は鍵がかかってて駄目かな?」なんていう不安が頭をよぎりましたが、まぁそれが的中した感じです。

会社の僕の机にたどり着くまでに全部で4つの関門がありまして、僕はそのうち最後の扉の鍵しか持っていません。最初は会社の敷地内に入るための門、次が建物の入り口の扉、そして3つ目が建物の中にある廊下に入るための扉。このうち1つ目は通過できました。その敷地には他にも会社があるので、その関係で開いていたのだと思います。しかし2つ目の扉に鍵がかかっていまして、そこで断念。この扉を通過できないとはちょっと予想外でした。ちなみに3つ目の扉は電子ロックみたいな感じで、休日は「閉」に設定されてたり、そもそも電気がきてなかったら入れないような扉です。

ってな訳で、それ以上窓をこじ開けたりはしないで、素直に帰ってきました。日曜の午前早くにこの街を歩いたことがなかったので、ちょっと新鮮な感じでした。幸いカメラを持っていったので観光客みたいにパチパチ撮りながら帰ってきました。
a0207111_7441718.jpg
よくコメントくださるちんころさんに先週久しぶりに会っていただきまして、散歩を勧められたので、素直な僕は昨日と今朝努めていつもと違うルートを散歩しました。そういう訳で上の写真の景色は僕にとっても新鮮です。森の中の小さな町というのは、ほとんど例外なくTal谷間にあります。つまり町の格好が空から見ると細長く、その両側を山、森で囲まれています。この写真は、Talのこちら側の高いところから、街を挟んで向こう側の森をみているところです。変なことを言うようですが、もうこの森に挟まれた細長いTalの町っていうのは懲り懲りです(笑)。でもそういう閉ざされた地形だからこそ、時計産業が発達したわけで、僕としては難しいところです。
a0207111_7444877.jpg
住んでいるところの裏山。昼間はいいけど、夜になると真っ黒に姿を変えてちょっと怖いよ、この森。

街の中心にある教会
a0207111_745267.jpg

H.Sutoさん
その危険性を十分頭に入れてましたので、窓をこじ開けたり、開いているガラス窓を探して入るなどという、泥棒じみた行動はしませんでした。以前ポツダムの会社で研修していたときに、コンピューター仕事に夢中になりすぎて、金曜日の夜8時まで働いてしまい、気づいたときには誰もいず、帰ろう思って社内の廊下にある扉を開けたとたん、警報機が鳴り響き、30分後に警備会社の人に助け出されたというか、非常な不審の目でいろいろ取り調べられました。ドイツでは働かない方向での労働時間というのは我々日本人が思うよりもよっぽど厳格に守られるべきものですね。
ただ、いまはArbeitsgeberが休日出勤を強要するのは法律違反になるかもしれませんが、もっぱら労働者の自由意志で働く分には違反にはならないと思います。
しかし周りの雰囲気からすると、「休日も働いて偉い!」とは評価されないでしょう。こっちの人からみればそんな労働者はただのバカ、気狂いです。
[PR]

by furtwangen | 2007-11-18 23:19 | 黒い森の小さな町
2007年 11月 17日

この町の映画館

以前から会社のNさんが、この町の映画館で上映される日本の映画を観に行ったらいいと勧めてくれていました。どうぜドイツ語の吹き替えで話がよく分からないだろうからと思って、予めネット上であらすじを読みました。結局読んで感じたことは、こりゃ行かなくてもいいってこと。どうも面白くなさそうで、行くのをやめようと思っていました。

そしたら今週そのNさんが、「もう観に行った?まだだったら明日が最後の上映のはずだからね」って。僕はもうあんまり興味がなかったのですっかり忘れていましたが、彼はまぁよく覚えてること(笑)

というわけで、これからも彼と話を合わせられるように、あまり気乗りはしませんでしたが火曜の夜に行ってきました。「さくらん」という映画で、思った通り薄っぺらな映画でした。

それより、なんとアットホームな映画館なんだ!って思った。僕が最近行ったのは、ニュールンベルクの大きな映画館で、スクリーンの大きさも重低音の響きもさすが映画館って感じだった。でもここのは、そもそも学校の教室みたいな感じの空き部屋を改造して作ったようで、天井が低い。それからOHPの発表の時に使うようなクルクル巻き上げられそうなスクリーン。椅子もちょっと寝そべり加減な普通の。スピーカーも低音用のがあったのかなぁ?って感じ。いわゆるホームシアターの域を脱していない。

ただ、映画館としての身の程をわきまえたかのような料金で、入場料はたった4オイロ!こりゃ、良心的だわ。確かにこんな田舎町でこの程度の設備で10オイロも取ったら、だれも来ないな、って雪の降る帰り道に思いました。ちなみにこの町よりも小さなフルトワンゲンにはもはや映画館がありません。人口2万人のこの町くらいの規模が映画館としてやっていける最低ラインなんでしょう。
[PR]

by furtwangen | 2007-11-17 19:59 | 黒い森の小さな町