<   2008年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 30日

スペイン完璧!

一応ドイツ人のお家に招かれて、おいしい夕食をいただいた後の試合観戦ですから、僕はドイツを応援しました。
a0207111_353923.jpg
試合前の夕食前、ベランダで。今日もいい天気!

で、結果としては残念ながらドイツは負けちまいましたね。しかし、「ギリギリの試合運びだったけど、不運にして負けた」という感じではなく、スペインの方が圧倒的にうまかった、よくドイツは0-1程度で抑えることができたと思います。0-3とかになってもおかしくない試合運びだった。

前半10分くらいまでは、ドイツが押し気味で、出場の危ぶまれたバラックさんもいましたから、この体力が後半まで持てば、ドイツにも勝算ありかなぁと思いました。
a0207111_3531995.jpg
キングさんのお家。前回の時よりもさらに大きなスクリーン!
キングさんは自分の家に、小さな映画館をもっているんです。

しかしその10分で、相手の懐の深さを測っていたのかな、と思わせるスペイン優位の展開がその後続きます。守りが厚く堅く、なかなかドイツは前に出られない。一方スペインの攻めは人数こそ多くないですが、みなタイミングよくゴール前に突っ込み、あたふた気味のドイツの守備に比べて、スペインのFWは一人一人の存在感が大きい。センタリングをあげると、ちゃんとゴール前に突っ込むヤツがいて、おまけに裏から開いている空間に突っ込むのもいる。スペインの攻撃は立体的というか、厚みがある。ドイツの守備はもっとプレスをかけないと、あれではゴール前でやられ放題です。(逆にいえば、プレスを掛ける時間を与えないスペインの球回しの速さということ。)

試合運びではスペインが勝って当然と思いましたが、0-1の得点差だと、前半の何分だったか、スペインのゴールエリア内で、ハンドがあったように思うんだが。あのハンドを反則として取ってくれていたら、PKになって、1-1になってたんじゃないかなぁ、と個人的には...
a0207111_3533528.jpg
その映画館の部屋の前に用意してくださった飲み物バー。
色使いとかがいつもきれい。

まぁしかし、スペインはいい試合をしてくれました。攻めも守りもほとんど完璧だったんじゃないかな。ドイツはいろいろ学ぶことの多い試合だったんでないでしょうか。

僕の観たキングさんのお家は人口3000人の町ですから、ドイツが負けて本当に静かな夜でした(笑)
[PR]

by furtwangen | 2008-06-30 09:24 | 黒い森の小さな町
2008年 06月 29日

2.語学について

必要なドイツ語力についてのお尋ねもよくあります。
申し上げたいことを箇条書きします。

2.語学力について

2.1 英語だけで何とか乗り切れるか、とお考えの方は、まずその考えを捨てましょう。英語だけで3年間の訓練生活を乗り切るのは不可能です。できる程度は別にして、ドイツ語は必須です。

2.2 入学試験はありません。したがって語学についての試験もありません。僕の学校では「学校は、外国人に対して入学後、ドイツ語の試験を実施する権利を保留する」というようなことがどっかに書いてありました。
入学後、最初の4ヶ月間はProbezeit「体験入学」の状態ですから、あまりにドイツ語が出来なければ、その間に学校側が語学試験を実施したり、場合によっては退学を促す可能性もあります。
外国人のためのドイツ語授業は、入学の最初の一年だけ開講されましたが、その後はなくなりました。

2.3 実際には入学前にもドイツ語が必要。
どの程度の語学力が必要か。一言でいうと、「自分の力で入学許可を手に入れる」に足る語学力です。
具体的には、辞書を使ってでもいいですから、自分でなんとか
- 学校案内が読める。
- 学校に見学に行ったときに案内しくれる先生の言っていることが分かる。質問できる。
- 願書の内容が分かって、必要事項を記入できる

これらは今の僕にとっても決して易しいことではありませんが、この段階を乗り切るドイツ語力がないと、入学後、大変な苦労すると思います。(この段階を乗り切れても後、かなり大変でしたけれど)

2.4 従って、どの程度のドイツ語力を身につけたらいいのか、考える必要はありません。ともかく時間がある限り、どんどん勉強することをお勧めします。ドイツ語力があり過ぎて困ることは絶対にないですから。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-29 22:34 | ドイツの時計学校への進学
2008年 06月 29日

1.時計学校進学までの経緯

最近、ドイツの時計学校についての問い合わせが増えてきたので、よくある質問をここにまとめます。お答えできることはあくまでも僕が経験してきたことだけで、ドイツ全般に適用できる話でないかもしれませんし、もう古い話になっているかもしれません。重要なことは最終的にはご自分で確認してください。
なお、僕は必要書類の取り寄せや時計学校へのコンタクト、口添え、翻訳、同伴のような仲介作業は一切しません。

お問い合わせいただく前に、「ドイツの時計学校への進学」カテゴリーにあるページをご覧下さい。

1.時計学校へ進学までの経緯。どのように調べたのか。

渡独前は日本にあるオルガン製作工房で働いていました。そこの親方は約30年前にドイツで日本人初のオルガン製作マイスターになった方です。
退職の際に、時計学校へ行く旨を伝えましたら、「どうせ行くならドイツの学校へ行ったらいい」と薦めてくださいました。以前からドイツという国に興味がありましたし、ドイツ語も勉強していましたから、この際と思い、ドイツ行きを決意しました。

まず、その親方にドイツのSchwarzwaldにいる時計職人さんを教えていただきました。その職人さんとメールでコンタクトを取りながら、アポイントを取ってその職人さんを訪ねました。

訪ねる際には、駄目もとで雇ってもらえないかと頼みました。そのために僕が作った置き時計やそれを入れる木組みの箱を持って行ったりして、それなりに意欲を見せました。

結局、雇ってもらうことは無理でしたが、この州にある3つの学校を紹介していただきました。

そのあと、すぐにアポなしでその3つの学校を訪ねました。各校、時計科の先生が親切に案内してくださり、願書を貰って帰国。その後その3つの学校に願書を提出して、第一希望の学校から入学許可が下りたので、それで留学先が決まりました。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-29 21:24 | ドイツの時計学校への進学
2008年 06月 29日

黒い森と熱帯魚飼育

a0207111_1729421.jpg
石や枝を入れたところ。

ドイツではペットとして犬なんかが有名ですけれど、この森の中には案外、熱帯魚を飼っている人がたくさんいます。僕に水槽セットをくれたリンクさんも、以前は飼っていました。(彼は幅が1mはある大きい水槽を2つも、と小さいのをもっている。)クレーマンさんも800リットルもの水槽でなんか飼っているそうです。それから、社長さんである先生も大きい水槽で飼っているし、Schwenningenの時計学校主任のヤオホ先生の自宅にも幅が2m近くある、ほとんどプールみたいなのがある。

以前、この会社の入社面接試験の日に、ヤオホ先生の家に泊まらせてもらいました。先生自ら夕食を作ってくださいました。そんで、2人、その馬鹿デカイ水槽を観るように並びながら食事をとりましたが、先生、じーっと水槽を観ている。「このアクアリウム(水槽)を作るの大変だった」とか「あのデカイ魚はシュトッツさん(社長である先生)から貰った」とか、時々ぶつぶつ言っている。そういう先生の横顔をみて、なんとなくこの深い森の中で熱帯魚を飼いたくなる気持ちが分かった気がしました。

長い冬は寒かったり、雪が深かったりで、この辺の人は家の中に閉じこもりがち(とはちょっと言い過ぎかもしれないけれど)。だから部屋の中で楽しめるものとして、水槽でお魚を飼うっていうのはいいアイデアなのかもしれない。外は鉛色の空でどこまでも陰鬱だけれども、部屋にある水槽に自分だけの世界を作って、それをじーっと観て時間を過ごす。朴とつとした田舎ドイツ人には合っている趣味だ、と。

今回いただいた水槽の背景にはそんな熱帯魚飼育を通した人間関係があるわけですよ。その辺をわきまえていないと、いかんと思ってます。つまり、飼育を始めるにも、ほかの人の意見も聞かずに、一人で黙々と始めちゃいけないわけです。やっぱり周りにいる熱帯魚飼育なら俺に任せろ!みたいな方々からいろいろ意見を伺わないと。
a0207111_17302367.jpg
昨日Upした自動餌あげ器ですが、今日よくみたら同じタイマーで明かりオン、オフも自動的に出来る。なかなか優れもの。
a0207111_17295459.jpg
一回分の餌を小さなSchaleに入れる。時間が来るとそのSchaleが下に傾いて入っていた餌が下へ落ちると。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-29 07:46 | 黒い森の小さな町
2008年 06月 28日

社員食堂の昼食初公開

a0207111_1727571.jpg
今日のKantine社員食堂の昼食。
小さなマカロニと鳥のお肉、とサラダ。ヨーグルト
メニューはいつも3つあります。肉肉肉なボリュームたっぷりお値段張り張りなのと、マカロニ+Schnitzelみたいなお手ごろお値段と魚料理。サラダだけってのもありです。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-28 06:06 | 黒い森の小さな町
2008年 06月 26日

トルコよくやった!

a0207111_17204969.jpg
いまさっき、キング夫妻の家から帰ってきました。いつもはリンクさんの家ですが、今日はドイツの対トルコ戦準決勝。大きなプロジェクターのあるキングさんの家で、その試合をいつもの6人で観てきました。
a0207111_1721713.jpg
プロジェクターとキング夫妻が用意してくれた夕食

中継の途切れがちな試合でしたが、本当にいい試合だったので、ちょっとコメントを書きたいと思い、すぐにベットに入らずパソコンに向かっています。
a0207111_1722999.jpg
Die Leitungen aus Basel sind unterbrochen.
Wir bitten um etwas Geduld.
中継が途絶えた時の画面。ドイツ語のいい勉強になる(笑)

サッカーのことはよく分かりませんし、お酒が入っていますから、僕の観た印象はトンチンカンかもしれませんが。

前半の20分くらいまではトルコが試合を支配していた感じです。トルコの粘る「土っぽい」プレーにドイツは防戦一方という感じでした。試合の始まる前に、みんなで結果を占いましたが、みんなの予想はドイツが勝つということでは一致していました。その予想があいやしい雰囲気だったのがその20分でした。

この試合がとても面白かったのは、トルコのいいプレーのお陰だと思います。その後、特に後半になってから、ドイツも対抗してきて互角になってきましたが、それは試合中にドイツがトルコに育てられた、いいプレーとはこういうもんだ、っていうのを戦いながら学び取った感じです。

僕のいう「土っぽい」試合というのは、ぶつかっても、蹴られても、転んでも、何が何でも球を追うようなプレーのことです。最近はルールがとても厳しくなって、試合がとてもsauber「きれいに」なりました。しかし一方で、反則を誘うために、やられた演技ばかりが目に付きます。後でスローでみると、ぜんぜん反則じゃない。そんなに痛そうな演技をしてないで、もっと実直に球を追え!って言いたくなること、しばしばです。

今日はその演技が少なかったように思います。それからオフサイドも非常に少なかった。つまり、つまらない駆引きが少なくて、プレーそのものを楽しめました。
a0207111_17222870.jpg
音声だけが中継されているときの画面!
ZDFの放送なのですが、あまりに中継の状態が悪いらしく、途中スイスのSFの画面を借りて流していました。

後半になると、ドイツもそれなりにチャンスをつかみます。数少ないチャンスをドイツはよく点につなげたと思います。結局ドイツが勝ちましたが、実直に球を追う姿勢、ゴール前でのスピードと、サイドから上がってくる球へのタイミング、反応はトルコが支配的だった前半20分くらいのプレーそのものだと思いました。これだけ盛り上がって、いい試合を見せてくれたのは勝ったドイツのおかげというよりは、トルコの汗臭い、土っぽい試合のおかげだと感じました。

あと、ぜんぜん関係ないですが、ドイツの首相メルケルさんはサッカーがお好きですね。点がはいると、手を震わせて喜んでいました。1点目のときは、嬉しくて思わず立ち上がって喜ぼうと思ったら、隣に座っている冷めたプラティニさんに気づいて、また静かに席に着いたのには、見ているみんな大笑いでした。

ドイツはこれで決勝に進出。ドイツに住んでいますから、やっぱり最後まで張り合いができて、いいことです。ドイツは試合を重ねることに成長しているように感じますので、日曜日の決勝でもいい試合を見せてくれるでしょう。僕はまたキングさんのところで観る予定です。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-26 08:43 | 黒い森の小さな町
2008年 06月 25日

いただいた水槽へのお礼として

連日蒸し暑いせいか、イチゴがおいしいです。
a0207111_17165779.jpg
見た目、パッとしませんが、味はいいです。たいがいAldiやLidlの果物・野菜はおいしくないですが、この暑さで、Lidlのイチゴもおいしくならざるを得ないみたいです。

2万円くらいするんじゃないかという水槽セットをいただいて、お礼をどうしたものかと思いましたが、結局僕がこの水槽で楽しんでいるのを観ていただくのが一番と思い、今日リンクさんにこのブログを紹介しました。せっかく上げたのに、その後音沙汰なしじゃ、いちばんがっかりするでしょうから。
a0207111_1717938.jpg
nur mit Wasser füllt zur Prüfung der Dichtheit des Aquariums
54リットルの水。案外の量、これみているだけで泳げない僕はおぼれそうな感じ。小学校のときのプールの授業を思い出してしまう(僕はオバ級でした、笑)
a0207111_17172751.jpg
drei Tage nach dem Reingiessen des Leitungswassers. momentan 24Grad. ohne Heizung.
漏水検査2日目ですが、今のところ水槽から水が漏れてないようなので、この水槽、これからも使えそうです。

それにしても、最近のガラスの接着技術というのは、すごいと思います。厚みが4mmくらいしかないのに、その断面だけで接着されています。その接着力だけで54リットルの内圧に耐えている。ガラス板を真横からみると、水圧で若干外側に膨らんでいますが、それでも崩壊せずに、2年間のギャランチー(保証)付きで供給されている。これからも突然崩壊しないでくださいと、神棚に手を合わせるようにして、水槽にお願いしてます。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-25 05:39 | 黒い森の小さな町
2008年 06月 24日

水槽もらった!

前回の続きになります。

その晩は、リンク旦那とキング旦那が作る夕食、という特別がありましたが、もうひとつサプライズがありまして、リンク夫妻が僕に新品の水槽をくれました。実は、一ヶ月前くらいから、彼らの古い水槽をきれいにして僕にくれるという話があったので、いつかその中古のをくれるんだろうとは予想してはいました。しかし、新品のを買ってくれちゃうとは!びっくり!!
a0207111_17125749.jpg
(ただいま、水槽の漏水性の試験中。)

水槽のセットで、
水槽 30×30×60cm 54リットル
浄化機能付きのポンプ
熱線温水器
水温計
蓋についてるライト
a0207111_17131399.jpgそれと初心者のための説明書。
設置方法の説明書
「水」についての説明書
植物、海草の育て方についての説明書
Beleuchtung「明かり」についての説明書
その他、ポンプ、温水器の説明書
とこれから読まなきゃいけない説明書がたっくさん。
せっかくいただいたんですから、この際、とことん勉強して、お魚を飼ってみようと思います。

それにしてもこれだけのセット、安くないと思うんですが、なんでくれちゃうんでしょ。もちろんすごく嬉しいけど、そのご好意にどう答えたらいいのか、ちょっと困っちゃう気持ちもあります。

0624:いくるさん
よくわかりましたね(笑)。そう、撤収が難しくなるなぁ、と水槽貰って最初に思いましたよ。だんだんドイツに根を張りそうです。
まだ、お魚の名前知りませんが、いただいたお名前、ネットで調べて写真を見ました。ネオンテトラは青と赤で気に入りました。
メダカ、っていうのは難しいんでしょうか。それともヨーロッパに売ってないとか。

H.Sutoさん
コメントいただいて思い出しました。オルガン現場の出張で、大きな瓶に、近くで捕まえたドジョウを飼ってましたね。ポンプがないからか、毎日苦しそうでした(笑)。でも最後は、生きて川に返しました。

出張中、風邪で参ったときには、南部家のおかみさんが食事を差し入れてくださったり、皆さんほんと親切で思いで深い、いい出張でした。(南部家さんにお会いになる折がありましたら、よろしくお伝えください。)

0625:いくるさん
あ、じゃグッピーっていうのを飼おうかな。ネットで見つけたグッピーさんはメダカにしてはちょっと黒ずんでいました。小学校のころ教室にあったきれいなオレンジ色の魚が、僕にとっては典型的なメダカのイメージです。
繁殖かー、困ったな、これは(笑)

0626:Yさん
はじめまして、お久しぶりです。
その長いお名前の魚、ネットで見つけました。本当に透明ですね。飼ってたんですか、よく知ってますね。
この小さな町に売ってたら、飼ってみましょう。
(こんな森の中にも熱帯魚を扱ったお店があるんですよ)
Yさんのブログはこちらの毎晩の巡回先に指定されてますからね、楽しみにしてますよ。

0628:いくるさん
エビは水槽を掃除してくれるんですか、そりゃいいな。
水草、僕もそう思いました。
刃物マニアも極まると砥石マニアになるように、お魚飼って、ハマったら、結局水草にたどり着くのかなぁ、と。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-24 07:10 | 黒い森の小さな町
2008年 06月 24日

またお呼ばれ

Oさんにお会いした土曜日。その後、僕の住んでいる町の最寄り駅Rottweilまで電車で帰ってきて、そこで、キング夫妻に拾ってもらう。行き先はまたもやリンクさんのおうち。夕食お呼ばれ。
a0207111_517244.jpg
キングさんの車はオープンカーで気持ちいい!
a0207111_5171274.jpg
それで、この日は休暇中のプチ上司クリスティアンも呼ばれていました。彼はもうリンク夫妻の家族みたいな感じで付き合っているから、こういうときにいるのはまぁ、当然な感じ。

以前も書きましたが、いつもはそのクリスティアンが夕食の用意をします。が、この晩は、キング旦那とリンク旦那の2人で作るということで、この2人が台所に立てこもる。クリスティアンは手伝っちゃいけないし、他の3人も手伝えない。
a0207111_5172260.jpg
このキング、リンク両旦那の力の入れようが分かるでしょ。
今晩のメニューです。ちゃんとカードに印刷されている。すごい!
a0207111_5173092.jpg
前菜がジャガイモとねぎのスープ
メインがソーセージの盛り合わせ、インゲンをベーコンで巻いたの、それに焼きジャガイモ。
コーヒー
デザートがグラスに入ったシュヴァルツヴァルト・キルシュ・アイス・トルテ

どれも男2人が命かけただけあって、超プロ級においしかったです。味だけじゃなくてサービスも完璧で、ツルツル頭のキング旦那が、レストランのボーイみたいに左腕を後ろに回して「コーヒーに致しましょうか、エスプレッソがよろしいでしょうか」って真顔で聞いてくるからおかしい。

ただ、気合が入りすぎたみたいで、夕方7時に2人が台所に入って、9時に前菜、11時半にメインディッシュ(笑)。前菜はお庭のテーブルでいただきましたが、待てども待てどもメインがこない。10時過ぎに庭のものを片付けて、居間に入る。ちょうどロシアとオランダの試合をやっていましたので、4人でそれを見ながら、こちらも一日の疲れがたまっていますから、みんなウトウト。

リンク旦那の「はい!食事だよ!!」という大声で、みんな立ち上がって、食事のテーブルへ。そこに座って待つこと30分。「どうして、こんなに時間がかかるんだろうね、7時から初めてなんで11時になっても出来ないんだ?」なんてクリスティアンがヒソヒソ声で話す。

デザートがきたのが1時くらいだったかな。ひとつ多めに作っちまったキルシュ・トルテのグラスをどーんとテーブルの真ん中において、「はいー!一番早く食べ終わった人、もうひとつ食べることー!」(リンク旦那)
「じゃ、ゆーっくり食べよぉ」とクリスティアン。
おいしい、とてもおいしいんだけど、もうみんな眠くて胃が動かないです(笑)。
結局僕が2つ目のトルテをいただきました。

0626:紅蓮さん
ご旅行中のブログ更新、拝見していました。フルトワンゲンまで到達されて、僕も嬉しくなりました。森の中のドライブはなかなか気持ちよかったんじゃないでしょうか。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-24 06:35 | 黒い森の小さな町
2008年 06月 23日

日本からのお土産

今晩はスペインとイタリアが対戦しまして、まったく互角の戦いでしたが、PK戦の末にスペインが勝ちました。延長戦に入ってもお互い力が衰えず、というか力が拮抗していて、どちらが強いとか弱いとか言うのが難しいくらいの試合でした。PK戦なんて「運」ですからね...

ということで、今週
水曜日 ドイツとトルコ
木曜日 スペインとロシア
という準決勝になりました。
どうでしょ、ドイツとスペインが決勝に進むんじゃないかなぁ、となんとなくモヤモヤ思っています。
(ロシアも今回案外調子いいみたいですけどね)

土曜日は、このブログを以前から見てくださって、ドイツの職業訓練に興味を持ってくださったOさんがわざわざ日本から僕に会いに来てくださいまして、この小さな町に来てくださってもどうしようもないですから、Stuttgartでお会いしました。

僕は日頃日本語で話をする相手がいませんから、このときとばかりに、口先に任せてぺらぺらと偉そうにたくさんしゃべらさせていただきました。Oさんは僕のつまらない話をよく聞いてくださり、おまけに日本から
a0207111_5135885.jpg
お土産まで持ってきてくださいまして、本当に遠くからはるばる、感謝であります。
今日はお昼に、もって来てくだすったお米を炊いて、久しぶりぶりのご飯、コシヒカリ!をいただきました。
[PR]

by furtwangen | 2008-06-23 08:33 | 黒い森の小さな町