<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 30日

またストットガルト

最近は少し疲れ気味ですが、金曜日は仕事をちと早めに切り上げて、プチ上司のクリスティアンとリンク夫妻でストットガルトのクリスマス市見物。彼らがどうしても僕に、ドイツのクリスマス市を見せたいらしいのです。
a0207111_4435258.jpg
4人で電車で行きました。着けばもう真っ暗でクリスマス市にはいい雰囲気。写真はMarktplatzとかいう広場。
a0207111_444798.jpg
これはストットガルト市庁舎でしょう。
王様通りに面した高級な感じの時計屋さんで、クリスティアンの彼女が働いていまして、その彼女のお仕事が終わるのを、4人でお店の外で待つ。僕はまだその彼女とはあんまり話をしていなくて、その彼女が加わると、「新しい顔」って感じで慣れるのに少し時間がかかる。でも昨晩は、その彼女の女友達が後から合流して、これは「まったく新しい顔」。そうなると面白いもんで「新しい顔」と思っていた彼の彼女が、なんだか親しい感じに見えてくるから不思議。結局人間関係なんて相対的なもんなのかなぁ、なんて。

そうやって20時頃には6人でひとつの円テーブル囲んでGluehwein。お酒を飲み慣れていないせいか、2杯飲んだらもうかなり飲まれた感じ。もう一杯飲んだら膝が抜けるかも、なんて思ったので、三杯目はアルコールなしのを飲みました。アルコール無しのGluehweinは今回初めて飲みました。ぜんぜん違う感じで、これはこれで、またおいしいと思いました。

それにしてもクリスマス市というのは、買うものがないですね(笑)。寒い冬にあの雰囲気は好きだし、屋台を見るのも楽しいのだけど、お金を払ってまで買いたいものはほとんどないね。

金曜の夜はみんなと別れて、そのまま一泊28オイロの安ホテルに泊まって、土曜の朝をこの大都会ストットガルトで迎えました。
a0207111_4442432.jpg
駅です。寒いけど、いい天気。朝からこんな大きな街にいられるのは、そうそうないのであります。今日はまた蚤の市を見てきました。市の真ん中にアンチークのお店が集まった特設のテントがあって、時計商も2,3店あり。そのなかで僕のいま勤めている会社が1960年代に作ったい~い腕時計がありました。話には聞いていたのですが、実際見てみるとグッときます。使われている材も時計の状態も非常によくて、なかのメカも蓋を開けて見せてくれました。決して派手ではないし、特別複雑な機構を備えているわけではないのですが、いゃ~久しぶりに「いい時計」をみた感じです。本当は買いたいのですが、なんせ、お値段が半端でないので、今日はお店の名刺だけ貰ってきて、テントを後にしました。
a0207111_4443962.jpg
これは、最近コメントでなおこさんが教えてくだすったお魚屋の屋台ですね、たぶん。
a0207111_4445435.jpg
あら、ちょっと上下が変な写真ですね(笑)

しばらく更新を休みます。
[PR]

by furtwangen | 2008-11-30 08:18 | 黒い森の小さな町
2008年 11月 28日

近況

いつもコンピータの前に座って仕事している僕が、先週は自らの過失によりDreharbeit旋盤仕事をしなくちゃいけない羽目になり、心身ともに参りました。そのパッとしない体を引きずって、土曜日はFreiburgへ行くために街のバス停までトボトボ歩いていましたが、時計を見るや、「こりゃ急がんとバスが行っちまう」と焦って走り始めたら左の背中の筋肉がギクッと来まして、それ以来深呼吸するのもままならず、ベットから起き上がるにもいちいち背中が息苦しくて...

というわけで、ブログ更新が滞っておりました。
この2日間よく寝られたので、少し人生の調子が回復してきまして、ただいまキーボードのキーをペチペチ打っておる次第です。

今週は、会社の僕のコンピータに日本語IMEが入りまして日本語で文章が書けるようになりました。以前から、取説翻訳や日本の取引先との連絡などで日本語を書いていましたが、それらはすべて僕のプライベートのパソコンでやっていました。もちろんずっと前から会社のコンピータに日本語ソフトを入れるよう要請していましたが、なかなか実現せず。今回、ベルギーに日本語メールを打てー!っという社長命令が出たので、んだったら、いい加減に日本語を使える環境にしろー!って平社員命令を出したら、早々にインストールしてくれました。

おかげで、ワードやメールは日本語で読み書きできますが、不思議なことにメモ帳テキストファイル形式では書くだけでなく文字化けして読むことも出来ません。

でも、会社でメールの本文を直接日本語で書けるなんて、なんだか不思議な感じがします。

こちらは先週末だったか、かなりまじめに雪が降りまして積雪10cmくらいになりました。その後もほとんど雪は解けず、今日は-10度くらいにまで気温が下がって、寒さもかなり本格的、路面もツルツルで気をつけないと、スッ転びそうです。
a0207111_4322076.jpg
日曜日にコンスタンツへ行ったときに行った日本料理屋さん。
いままで何度もKonstanzへ行っていますが、このお店には気づきませんでした。
日本の方がChefです。うどんをいただきました。お薦めです。
[PR]

by furtwangen | 2008-11-28 08:02 | 黒い森の小さな町
2008年 11月 16日

今日はストットガルト

Stuttgartをまじめにカタカナ打ちしていると大変なので、今日は表題のように、この地名に横着表記を適用いたします。

ということで、今日は一万年ぶりに、この狭い町を出まして、わが州都、ストットガルトへ行ってきました。
目的は、電話契約のことで、「ドイツテレコムへ行って擦った揉んだすること」です。その後は特に予定もなく、王様通りの人ごみに身を任せて、あの商店街をさまよっていればいいかなぁ、なんて思っていました。

「今日はぜったいにけりをつける」と意気込んでテレコム城内に突入いたしましたが、思いっきり肩透かしを食らいました。そもそも僕が思っていたような問題は起きていなくて、それはあんたの思い違いだと。ほー、なるほど、落ち着いてテレコムからのラブレターを読んでみると、確かにそう書いてある。そ、そーならいいのさ。ということで、そうそうに退散。

テレコムを出て、さぁ、これからどーすんべか、と思いながら人ごみにもまれて王様通りを歩いていきます。と、まもなく大きな新宮殿が見えてきます。いつもはさらに真っ直ぐ行くのですが、今日はなんとなくその大きな建物の万有引力に引っ張られ、その遠心力で、となりの土曜市みたいなところにたどり着きました。そこは食料市ではなくて、まぁ、よく言えばアンチーク市、実際はガラクタ市です。しかし、不思議なものでガラクタ市っていうのは心躍りますね(笑)。大好き。

もちろんお目当ては腕時計。それもいま僕が勤めている会社が昔作った機械式腕時計。もちろん他の会社のでも面白いのには興味ある。今日はアメリカので、歩度の微調整に面白いことをやっている懐中時計とか、スイスの40年代の腕時計でクロノグラフ機構搭載のヤツとかを見つけた。いいね、ほしい。特にそのクロノグラフの時計は値段も200オイロしなくて、その値段で古くて、かつ(そういっちゃ何だけど)ETAでないクロノグラフ機構のメカを手に入れられるなら、本当はいい......んだがなぁ、いやぁーそれにしてもこの薄給の僕には高い......とぶつぶつ言いながら、後ろ髪を引かれる思いでそこを後にする。

で、結局僕の勤めている会社の古い機械式を2つ買いました。基本的には満足ですが、帰宅後調べてみたら、ちと残念!なこともみつかりました。まぁ、でもガラクタ市にいるときは随分心躍りましたし、時計売っているおじさんともたくさん時計のこと話せたし。僕はろくすっぽドイツ語できませんが、こういうところで時計の話をする分には、そんじょそこらのドイツ人には負けないです。こっちもその気になって質問するから、向こうも喜んでいろいろ見せてくれるし、自慢もしてくる。

1116:ちんころさん
いろいろ分解しすぎて、いま引き出しの中見たら、5つも分解したままの状態の時計があるです。新たな分解はストップ。先ずは分解したのを組み立てないと、引き出しの中がごっちゃごっちゃになっちまいます。

まさみさん
分かってくれたみたいですね、中央駅から延びる通り。
そうだね、蚤の市っていうんですね、日本語では。うまい言葉が出てこなかった。

なおこさん
あそこをカールスプラッツっていうんですね、知りませんでした。
その串焼き屋さんにはぜひ行きたいですが、クリスマス市はいつからやっているのでしょうか。12月1日からもう始まっていますか。

1117:Oさん
実は僕もその蚤の市を知りませんでした。他にもあるんでしょうかね。

なおこさん
教えてくださり、ありがとうございます。もう今月末から始まるんですね。行けるのは土曜日ですから、...6日のお昼にそこに冴えない東洋人がいたら、それはたぶん僕でしょう(笑)
[PR]

by furtwangen | 2008-11-16 08:52 | 黒い森の小さな町
2008年 11月 12日

申告のつづき

今日クリスティアンと話をしていて、サラリーマンでも車で出勤する人は、所得を申告する価値がある、と言ってました。

僕は毎朝、てくてく歩いて会社に行きますから、どうにも関係のない話ですが、彼の場合、毎朝36kmの道のりを車で来ます。

税申告の際、そのうち最初の20kmは考慮されないで、残りの36-20km=16kmの道のりに対して、1kmあたり30セントの税金が返ってくるのらしいです。(税金が返ってくるのか、課税の控除になるのか、ちゃんと聞いてなかった。)つまり、彼の場合、毎朝の車での出勤で、16km×0,3オイロ=4.8オイロの、まぁ補助が出ると言ったらいいのか(なんといったらいいのか、この辺が、お金のことさっぱりわからん所以です)

しかし、面白いことに帰路は考慮されないらしいです。仕事のために外出していたのに、帰りの走行はプライベートなドライブと解釈されるらしいです。

最近はなんだかパッとしなくて、あまり食欲がわかないときもあります。だからお昼はサラダだけで済ますこともありますが、社員食堂にはサラダバーがあって、好きなサラダ(ツナとかジャガイモのサラダとかお豆とかもある)を好きなだけ取れるので、最初はそうしていました。
しかし、横で食べているナディーンに言われました。「サラダバーのサラダは高い」と。それより、定食についているプチサラダのほうが安いと。定食にしなくてもその小さなサラダだけ取れる。量が少なくて、2つ、3つそのプチサラダを取ったとしても、サラダバーの一皿分の値段よりはずっと安いと。んー、なるほど、さすがナディーン。

ちなみにここの社員食堂は、同じ敷地にあるほかの会社の社員や職工さんも来ますから、食事の時だけ見る顔っていうのがたくさんいます。年配の方も何人かいらしていますが、あれは会社のOBだろうと、むしゃむしゃ食べながら思っています。
[PR]

by furtwangen | 2008-11-12 07:30 | 黒い森の小さな町
2008年 11月 10日

季節外れな所得申告

先週からパソコンのキーボードの反応が悪く、「ございました」なんて打っても「ございmshた」のように、コンピータがついてこない。以前はメモリーの増設が度を越えていたため、同じようなことがおきました。ワイヤレスのキーボードなので、難しいことだったらお手上げだな、とちょっと心配していました。でも、もしかしたら単にキーボードの電池切れかと思って、今日、新しいのに交換したら、反応のいいこと。すっかり生まれ変わった感じです。

今日は表題にあるように、いまさらの所得申告です。もちろん2007年のです。
以前も書きましたが、僕はお金のことや税のことはさっぱり分からんのでありまして、すべては「試し」「挑戦」くらいの気持ちでやっています。

まずいままでの過程を説明いたしますと、

「申告を肩代わりしてやる」という、優しげではあるが、非常に怪しいおじさんが突然来て、話に乗せられて、彼に手数料を払って、僕の代りに所得申告をしてもらった。

で、後で考えるに、そのおやじはどう考えても詐欺おやじだと思うようになった。

しかし先週になって、税務署から僕にラブレターが来て、「あんたの申告を受理した」と。つまりあの怪しいおやじは、一応やることはやったんだな、と少し安心。(でも、もうあのおやじには頼まない、怪しすぎ)

それで、その詐欺的おやじの話は別として、ここからは所得申告について書きたいのであります。

その税務署のラブレターを会社のクリスティアンに見せて、僕に代っていろいろ問い合わせてくれました。それでわかったこと。

1.(僕は昨年9月から働き始めたけれども)そもそも昨年中に納めた所得税が少なすぎるから、このままでは還付無し。
2.昨年夏までの、例えばマイスター試験にかかった費用のレシートなどを提出すれば、還付はあるかも。

ということ。

というわけで、今週末は、古いレシートを引っ張りだしてきて、僕なりの整理法でレシートを整理しました。「捨てられない症候群」というのは、大概いいことないのですが、今回は、笑ってしまうほど、昔のレシートが出てきました。2度の引越しを乗り越えて、いまでも部屋中はカオスですが、マイスター学校時代に買った工具や測定器のレシートはちゃんとファイルに入っていました。「捨てられない症候群」も捨てたものではないと。

またつまらな話に逸れました。
今週は、そのレシートをもって、クリスティアンに頼りながら、初めて税務署へ行きます。門前払いか、何が起こるか。

以前から持っている漠然とした疑問ですが、
1.サラリーマンは所得申告をする「義務」があるのか。
義務がある場合はそれに従うまでですが、そうでない場合、
2.申告をした方が「得」なのか、どうか。
週末つぶしてレシート整理して、ガソリン代払って遠くの税務署まで往復して、「今日は疲れたから、外で夕食」なんてまでしても、結局返ってくる還付の額が2オイロとかだったら、やるだけ損、って感じがしますから。

今回は僕にとってはじめての所得申告ですから、損得勘定はまぁ、どうでもいい。それより、「義務なのか」とか「今年分からはどうすべきなのか」とか、そういう点を今週、税務署に行ったときに分かれば、まぁ、進歩ですな。
[PR]

by furtwangen | 2008-11-10 06:11 | 黒い森の小さな町