シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 19日

徒弟の養成は他人にまかせて...

今日はAusbildende職業訓練の教官についてです。まぁ、学校でいう工場の先生です。

僕は会社の仕事で、3人の時計マイスターと一緒によく仕事をしています。プチ上司のクリスティアンとジモーネ、それとクラウディオ。

この中で僕だけが、アツビの養成に関与していないです、なぜだかは知らないけど。たぶんドイツ語が碌にできないからでしょう。

もし、数人のアツビを世話するのに4人ものマイスターがたかる必要はないとしたら、言葉のできない僕がまず、その中からはじき出されるでしょう。

または、僕の自尊心を傷つけないように解釈すれば、細かい設計が僕のメインの仕事である一方で、アツビの養成過程ではその知識のほとんどを必要としない。だから、君はアツビの養成に首を突っ込まなくていい、とも考えられます。

いずれの解釈も僕の頭の中を堂々巡りをしているだけで、本当のところは分かりません。また掘り下げて知る必要もない。

ただ今晩書きたいのは、以前は「僕がだけが教官でない」ことを、少しネガティブに捉えていたけれど最近は、ともかく教官でなくてよかったと思っている、ということです。

徒弟養成に責任をもつ、というのは大変なことです。各養成段階で教えるべき内容が決まっているし、その習得達成度合いを評価する指針も確かあるはず。工場では手取り足取り教えてやらないといけないし、頻繁にそのための会議もある。クラウディオなんて、養成の方が忙しくて本業の仕事がほとんどできないような状態です。

出来のいいアツビならまだしも、出来のわるいアツビだと、例えば実技試験のときなんか、ほんと大変。試験で一番ヒヤヒヤしているのは、受験者アツビではなくて、教官のクラウディオです。
a0207111_374191.jpg
限られた仕事時間のなかで、「徒弟養成」と「新しい時計を作ること」、どっちがいいかと尋ねられれば、いまの僕なら絶対、時計製作の方をとります。5年、10年経って、たくさんのアツビを育てたけれど、時計を作っていない、では、ちょっと、いやかなり悲しい。徒弟の養成が大事なのは分かっています。でもそれはもう少し後でいい。もう少し歳を取って、もっと実務経験を積んでからでもいい。いまは(徒弟の養成を他人にまかせて)時計作りに専念した方が僕自身にとっていいし、幸いそれができる環境にいるんだと、今はそうポジティブに考えるようになりました。
[PR]

by furtwangen | 2009-05-19 06:40 | 黒い森の小さな町
2009年 05月 17日

餌やり

もうずいぶん前からだと思いますが、お店に生のパイナップルが並んでいます。いままで缶詰のしか食べたことがなかったので、ちょっとお高いですが、先週二度ほど買ってみました。
a0207111_4452142.jpg
ずいぶんとゴツイ顔した皮ですが、普通の果物ナイフでさばけました。そして、中の味も予想に反しておいしいです。ちゃんと甘いし。冷蔵庫でちょっと冷やらかして食べると、尚良いように思います。

水槽のお魚さんたちは、新しい6匹も加わって、まぁ争いもなく平和に暮らしておいでです。新人さんで片目のない方を重点的に観察しています。彼は察知能力が、ほかの方々に比べて、ちと劣りますから、餌はどうしても他人様の「おこぼれ」をもらうことになります。それからせっかく、そのおこぼれにありつけても、大きすぎるとお気に召さないのか、口にちょっと含んで、プィっとほき出してしまいます。

ですので、餌を上げるときは、あまり眩しくない状態のときに(眩しいと、目のある方を下にしてしまって、餌取り合戦に参加できない)、「おこぼれ」が出やすいような餌の量、大きさ、散布分布に気をつけながら、彼が餌にありつけますようにと願う気持ちでやっています。

幸い昨日くらいから、僕が餌をやるのを以前よりもずっと早く感知してくれるようになり、餌取り合戦にも端のほうで参加しています。

難しいもので、目の不自由な彼が餌のおこぼれにありつける頃には、ほかのKumpel同僚はもうお腹パンパンで、彼への気遣いは、ほかの同僚の肥満を助長することに繋がってしまいます。

最後にこれ、
a0207111_4454132.jpg
仕事の同僚で時計職人のクラウスから買った、中古の時計洗浄器。このタイプの洗浄器にもいろいろ機能の豊富なのがありますが、そういうのは扱う時計の量が多い場合に必要で、僕みたいに個人で修理している人にはこの原始的でほとんど何の機能もない洗浄器で十分なのであります。こんなのだって、新品で買えば1000オイロはします。僕はそれを云十オイロで買いました。中古で古い機種なので、図体が無意味に大きいですが、これから段々とスリムにしていきましょう。
[PR]

by furtwangen | 2009-05-17 21:33 | 黒い森の小さな町
2009年 05月 16日

累積残業時間

昨日、今日と時計雑誌関係のお客さんたちが見学に来ました。今週は作業場を訪れる人が多くて、落ち着かなかった。

さて今日は、いつもより少し早めの午後2時に仕事を切り上げて帰ってきました。なぜなら、累積残業時間が増えすぎているからです。

4月からの新しい雇用契約によって、僕の場合、残業時間は23時間まで考慮されます。それ以上の残業はサービス残業ということになります。9月1日にその累積時間がリセットされ、プラスの残業時間はゼロに、マイナスの残業時間はそのまま持ち越しとなります。

自分の累積残業時間は、毎朝会社に到着したときのAbstempelnのときに表示されるので、常に自分で把握できています。

僕は今週初め、確か火曜日にその累積時間が20時間を越えました。そしたら、翌日水曜日に社長室の秘書のGさんから電話がありまして、

「シュバルツバルトさん、あんたの累積残業時間はかなり溜まっていますね。今週の金曜日に少し早めに...そうね、1時か2時には家に帰ってください。」

なんだか、ありがたいような、不思議な会社命令です。もう少したくさん働いてください、という依頼なら分かるし、それから早めの帰宅を「労働者委員会」や「労働組合」側から勧告、命令されるなら理解できます。

でも、社長側、経営側から具体的な日時を指定して早期の帰宅を要請されるんですから、なんだかとても不思議な気持ちです。

もちろん悪い気持ちはしていません。給料に変わりはなく、早く家に帰れるのですから。

「残業時間最大23時間まで、それ以上はサービス」

という契約だったら普通日本だったら、多くの人がサービス残業に食い込んでいると思うのですが。やっぱり文化の違いなんでしょうか、僕のところは、サービス残業は「最悪の場合」であって、そのような事態は、あらゆる手段を用いて回避すべき、という雰囲気があります。

残業時間が15時間くらい溜まると、「あんた、気をつけなさいよ、23時間の規定、知ってるの?」っていうな具合に、世話焼きな同僚や労働者委員会がやんわりと圧力を掛けてきます。そして今回20時間を越えたら、社長側から具体的な提案、命令があったというわけです。

こうなると、サービス残業をするのは至難の業です。それどころか、23時間ギリギリの残業を累積するのも大変です。例えば、いつもは退社時にabstempelnをしますが、それを退社時ではなく、午後のコアタイムを少し過ぎた頃にabstempelnして、そのあとさらに働くと。そうすれば、カウントされている労働時間を抑えることが出来て、実質労働時間を増やせるなと。

しかし、もしこの下手な芸がバレたら、クビにはならないでしょうが、ほとんど社内で村八分になるでしょうね。そんなにセコイやり方までして、会社に奉仕している労働者なんて、こちらでは少しも偉くないし、ただ仕事の要領の悪いバカとしか思われないでしょう。

つまり、これからも正直に出社、退社時にabstemelnして、あとは残業最大23時間という枠内で、周りの同僚や労働者委員会そして会社側のそれぞれの思惑のハザマに身をゆだねて(笑)、程よい残業時間をキープしながら、幸せそうに仕事をしていくと。
[PR]

by furtwangen | 2009-05-16 06:45 | 黒い森の小さな町
2009年 05月 14日

久しぶりにいい徒弟

昨晩はまた、リンクさんに夕食をお呼ばれ頂きまして、仕事帰り、クリスティアンの車で行きました。途中、僕の水槽で飼う魚を買うために、Baywaというペット園芸用品店みたいなところに寄りました。お魚さんの名前をちゃんと見てこなかったので分かりませんが、一匹1,4オイロのちょっと太目のお魚さんを6匹買って来ました。

帰って水槽に移してみると、片目のないお魚が一匹いらっしゃるのに気づきました。その方は、いつも目のあるほうに体を偏らせて泳いでいらっしゃいます。たぶん、上からの光がまぶしいのでしょう。光の強さに慣れてくると、体の姿勢もだんだん起き上がってきます。目下のテーマは、いかにその目の不自由な彼に餌をたくさん与えられるかです。

さて、会社には昨日、今日と来年度からのアツビ志願者、二人目の志願者ですが、実技試験を受けに来ました。

彼は僕と同じで人生後発組です(笑)。僕とほとんど同じ歳で、2年間、フランクフルトでお巡りさんだった人です。

僕は試験官ではないですが、この2日間同じ作業部屋で働いていましたから、横目で彼を観ていました。

久しぶりにいい徒弟、志願者です。やっぱり大都会のお巡りさんだっただけあって、目つきが違う。作業するときの姿勢が違う。工場内を歩くときの歩き方が違う!

歩き方なんて、どうでもいいと思うかもしれませんが、デレデレ覇気のない歩き方の人は、たいていいい作業もできない。

教官のクラウディオが、模範として旋盤作業をやって見せているときの、そのお巡りさんの後ろから覗き込む姿勢、目つきが違う。何かを盗み取ってやろう、っていう意志を感じる。

最初は僕と同じ人生後発組ということで、ぜひ、彼に人生再生の機会を与えてあげたい、という同情じみた考えがありましたが、この2日間の彼の作業をみて、こっちから積極的にラブコールを送ってもいい、と思うくらいです。

人生いろいろですから、時計職人の道に進むのに少し出遅れることだってあります。だから僕は、あんまり歳のことは気にしていません。それよりも、ある程度の器用さと、それからもっと大事なことは自分の作業に対する注意深さ、それと忍耐です。この2つがあれば、いろいろな失敗を通して、実力が伸びると思うんですよね。多少不器用でも、注意深さがあれば、「なぜ、俺の指先は不器用にしか動かないだろう」と考えて、改善できる。

逆にいくら若くても、目下の作業内容に関心がなく、漫然としか作業できない、「早く家に帰りたいなぁ~」なんて思いながら作業しているようでは伸びない。

いやぁ~、久しぶりに「一緒に働きたい」と思わせてくれる人に出会いました。クラウディオも彼に対して比較的好印象をもったみたいですから、どうにか採用されるようにと、切に願うところであります。
[PR]

by furtwangen | 2009-05-14 07:27 | 黒い森の小さな町
2009年 05月 10日

夕食にお呼ばれ

a0207111_4341764.jpg
先週の木曜日は抜けるような、雲ひとつない、いい天気でした。一週間前の散歩に連れて行ってくれたリンクさん夫婦が、夕食を招待してくださいましたので、またお邪魔してきました。
a0207111_4343947.jpg
気持ちいいのは猫も同じ。これはティーガー(笑)
a0207111_4345734.jpg
リンクさんのお家までは、同僚のムスター夫妻の車で行きました。彼らの車はマツダのRX-8という車で、ロータリーエンジンを背負っています。僕はロータリーエンジン(ドイツ語でWankelmotor)の車に乗るのはこれが初めてですが、エンジンの駆動音が明らかに違います。間欠的な普通のエンジンの騒音ではなくて、ブゥゥゥというような連続的な音です。飛行機のタービンエンジンほど高音ではないですが、ちょっとそれを連想させるような音。高速時でも普通のシリンダーエンジンよりは静かだと思います。

今回は「ご招待」ですから、調理を手伝えません。リンク夫人とクリスティアンが台所に篭って秘密裏に料理を作ってくれました。
a0207111_4353362.jpg
前菜で、プラムをベーコンで巻いたもの(串刺し)と緑の野菜(なんだか分からん)を少量のニンニクで炒めたもの。バルサミコ。

「6時半に来たのに、まだ出来ないのかね~。こっちはもうお腹ペコペコだよ~。ピザを頼みにいっちゃうよ!」なんてムスター夫人が意地の悪いことを言っていたのがだいたい9時。やっとメインディシュの登場です。
a0207111_4354624.jpg
料理を作るクリスティアンだって大変です。朝から会社で仕事をして、そのままリンクさんのところに来て、6人分調理ですから。牛肉と白と緑のSpargelアスパラ。それから牛肉の上下にある、三角おむすび形のポテトは、ロータリーエンジンのローターの形にちなんだそうで、「これはムスター夫婦、君達のために」ということでした(笑)今回は白いアスパラはちとハズレで、緑の方がおいしかったです。
a0207111_436352.jpg
お食後。ハート型のアイスにオレンジリキュールとやらを少し混ぜたイチゴのシロップ。このシロップはおいしかった。

仕事帰りで少し疲れましたが、いい天気でおいしい食事をご馳走になって、楽しいひと時を過ごしました。
a0207111_4362012.jpg
アイスを頂いているころから、ティーガーがずーっと僕の横にいました。
[PR]

by furtwangen | 2009-05-10 20:57 | 黒い森の小さな町
2009年 05月 06日

入社実技試験

数日前に、ふたりのアツビ候補が面接試験に来ましたが、今日はそのうちのひとりがProbearbeit実技試験に来ました。

実技試験といっても、そんなにお堅い、緊張するようなことではないです。(本人は緊張しているでしょうが。)教官のクラウディオと普通に意思疎通ができるかとか、作業が無気力、無関心でないか、とかそんな程度のことを観ているんだと思います。僕はよく知らないけど。二日間の試験だそうで、明日も彼は来るみたいです。

もうひとりの受験者も近いうちに2日間の実技試験を受けるようです。採用されるのはそのうちのひとりだけってことになっていますが、果たしてどうなりますか。

それからそのクラウディオも今日から仕事再開。昨日受けた彼の試験の結果はまだ分かりませんが、今日の話だと、まぁ大丈夫でしょう。彼は、受かってマイスターになれたら、合格祝いパーチーを開くとか言っていました。なんでもお家のお庭に自慢のピザ焼き窯があるそうで、それでピザを焼くんだと。楽しみです。そういう意味でも合格してくれるといいんですがね(笑)

ところで、カメラの買い替えは、ただいま保留中です。以前のコメントできんさんや元スイスの山村さんからご丁寧なアドヴァイスいただきましたので、申し訳ないのですが、いろいろ時計机の材料を買ったり、蚤の市で時計を買ってしまったり、また近い将来、時計修理のための測定器なども買いたい、なんて思っていまして、カメラの買い替えは少し間をおきます。

いま使っているデジカメは、以前も書きましたが、レンズが汚れてしまって、いかんのでありますが、カメラの性能試験をかねて、先週末の散歩で、盛んにタンポポを被写体に選んで、マクロ撮影を試みました。
a0207111_5201471.jpg
例えばこの写真。クリック拡大でご覧になると分かりますが、次の買い換えで捨てちまうカメラにしては、実によく撮れている(三脚などなし、一瞬しゃがんで撮っただけ)。草や花などでごちゃごちゃした背景だと、レンズの汚れやイカリングみたいなものはぜんぜん気にならない。こんなによく撮れるカメラを捨てるなんてもったいないなぁ、というのが正直な気持ちです。背景が無地になるとレンズの汚れが目立ちます。それを承知でもう少しだけ使ってみようと思っています。
[PR]

by furtwangen | 2009-05-06 05:33 | 黒い森の小さな町
2009年 05月 05日

仕事しながらの試験勉強

日本は水曜日まで連休なんですね。こちらはメーデー以外普通です。

今日は2週間ぶりにアツビが会社に戻ってきました。
Blockunterrichtとかで、この2週間は時計学校で理論のお勉強に専念してました。これからまた数週間は会社で実技面のお勉強です。

そして、明日は久しぶりにクラウディオが会社に戻ってくる予定です。
彼は、今日、最後のマイスター試験、Teil3の試験がありまして、そのための準備ということで先週一週間、休暇を取っていました。彼はちゃんとした人間ですから、今回万が一試験がうまく行かなくても、マイスターになるのは時間の問題です。

彼は昨年の末ごろから仕事と平行して、別の町にある手工業会議所のマイスター試験準備講座に通っていました。彼の通勤はSmartで片道1時間半、毎日往復3時間。仕事と準備講座と3時間の往復、本当に大変そうでした。

僕がTeil4を受験する頃は、同時に就職活動もしなければならなかったので、当時は「就職さえできれば、試験勉強は仕事をしながらがんばればいい」とも思っていました。しかし、この数ヶ月の彼の大変さを見ていると、あの時、全部受かっておいて本当によかったとつくづく思います。今の僕には、試験に受かるだけの勢いというか、仕事をしながら試験勉強をする気力が保てないと思います。

明日彼に会うのが楽しみです。
[PR]

by furtwangen | 2009-05-05 07:13 | 黒い森の小さな町
2009年 05月 03日

散歩のつづき

自己満足なお散歩回想録が続きます。
a0207111_6161782.jpg
手前が明るい草っ原で向こうが「黒い」森
a0207111_6163044.jpg
綺麗な小川ですが、この頃にはだいぶん体の節々の蝶番が軋(きし)んできています。
a0207111_6164578.jpg
男女問わず、こんなところで小便します。散歩長いですし、特にトイレもないですから。
a0207111_6165673.jpg
だれかさんちのお庭で。
a0207111_61799.jpg
コケもたくさん。
a0207111_6172210.jpg
冬用の薪でしょう。あちこちに積まれています。
a0207111_6173781.jpg
脚が鉛のように重いころ、あぁ、馬車だぁ...
この自家用車は2馬力ですね。
a0207111_6175319.jpg
さっきの馬車が向こうに見えます。べつに誰かに見せるためでなく、静かに夫婦で森を走る馬車。いいね。
a0207111_618968.jpg
大きな蟻塚。少し赤みのある黒い蟻でした。蟻塚はほかにもいくつか見ました。

ブログの記事にすると、ただ緑の写真が並ぶだけで、面白みのないWanderungですが、いい運動になりました。歩いた3万2千歩は僕にとっては日頃の4日分に相当します。両脚が重・痛・だるくなりましたが、みんなもそのようで、来年はもう少し歩く距離を短くしよう、ということでこの日は終りました。
[PR]

by furtwangen | 2009-05-03 20:43 | 黒い森の小さな町
2009年 05月 03日

よく歩いた!

a0207111_671362.jpg
5月の1日はメーデーですが、同時にこちらでは本格的な春が来たってことで、この日に自然の中を歩くのが恒例になっているらしいです。どういうわけか去年までそういう意識はありませんでしたが。

今年は会社の同僚に誘われて、近くの森を散歩しました。こちらの言葉で言う、いわゆるひとつのWanderungです。このWanderungというのは概してめちゃくちゃ歩きます。30分で済むWanderungというのはほとんどないです。数時間の黙々と歩き続けることを「覚悟」したほうがいいような散歩です。

今回は9時半にリンクさんの家で朝食(昼食?)を頂いて、デレデレして11時頃出発。結局目的地に到着したのが18時頃で、腰につけていた万歩計は3万2千歩をカウントしていました。男3人女3人で行きましたが、最後は、男女問わず足首が痛いだの、膝の関節が痛いだの、腰と脚の付け根が痛いだので、みんな体を引きずるようにゴールイン。なんだかとてもドイツ人らしい余暇の使い方と思いました(笑)

では、写真。
a0207111_67258.jpg
出発して尚早。森の外の緑が綺麗。まだみんな元気でした。
a0207111_685077.jpg
森の中で、伐採されたところで、こんな風にひとり生き残った、取り残された木が天高くニュキニョキっと伸びているのによく出くわしました。少し気の毒なような...
a0207111_69299.jpg
こんな森のなかにローマ人が作った風呂が遺跡として残っています。なぜ、昔のひとはこんなところに風呂を作ったのだろうと思いました。(詳しく分かったらまた記事のネタにします)
a0207111_691695.jpg
近くには彼らの住居・作業場跡があります。
a0207111_693487.jpg
なんの悩みもないようないい景色です。ただただ歩きます。
a0207111_695085.jpg
先に見えるのは、森の端っこです。この森は「作られた森」ですから、時々露骨に森の端っこが見られます。
a0207111_610660.jpg
時々、バカでかい樹木があって圧巻です。
a0207111_6101972.jpg
会社ではいつもチマチマした手作業ばかりですから、いい景色は目にも良いように思います。
[PR]

by furtwangen | 2009-05-03 18:33 | 黒い森の小さな町