<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 27日

アメリカ5 - nach Yellowstone2

最近は気温が上がって、生ゴミに小さなハエがよくたかります。

さて前回の続き。駐車場で昼食をとって再び出発(1415)。
a0207111_2045465.jpg
休憩を取ったIdahoとの州境辺りから15号線を北上してIdaho Fallsへ向かいます。
a0207111_2051354.jpg
広い景色のなかに、ときどき星条旗がたなびいています。アメリカって感じです。
a0207111_2052618.jpg
すごい景色。
a0207111_2054410.jpg
Pocatelloという町の少し手前あたりの景色と思います。道路と山の遠近感で、少し怖いくらいの景色です。
a0207111_206123.jpg
延々と走ります。運転は義弟です。運転ありがとうございました。
a0207111_2061971.jpg
いい写真です。Idaho Fallsに入っていますね。ここら辺で15号線とお別れ。我々はYellowstoneを目差すべく、20号線に乗り換えます(1614)。
a0207111_2063565.jpg
20号線。ここ(20号線だけではなくて)はバイクでもヘルメット着用の義務がないそうで、ヘルメット無しの大型が自慢げに走っています。眼鏡は着用の義務があるらしいです。眼鏡を付けていないと虫が飛んできて視界をさえぎって危ないからだそうです。国によっていろいろ考え方が違いますね。
a0207111_206505.jpg
スクールバスですね。こういうバス、映画では見たことあるけど、実際には初めて。
a0207111_207781.jpg
これはRexburgという町を過ぎたあたりと思います。向こうにGrand Teton国立公園にあるTeton山脈がうっすら見えます。そこへは後日、Yellowstoneを南下して行きます。
a0207111_2072645.jpg
この看板に何が書いてあるのかよくわかりませんが、ここで休憩。看板左下の地図を見ると、
a0207111_2074138.jpg
目的地のWest Yellowstoneまでもうすぐ。現在地は火薬が爆発した様なマークのところ。地図の上の「20」と書いてある辺りが今晩のキャンプ場。Idaho州(薄緑の部分)からMontana州(上の茶色の部分)へ入ってすぐのところです。
a0207111_2075882.jpg
しかし、すぐとはいってもまだ走ります。
a0207111_2081448.jpg
a0207111_2082853.jpg
いよいよMontana州に入ります(1918)。

この日はここで写真を終えましたが、義弟のお陰様で無事キャンプ場へ到着しました。

0831:紅蓮さん
紅蓮さんもいらしたんですね。なんだか嬉しいです。景色の規模が違いましたね。8日間借りて、キャンピング駐車料込みで、3000ドルとか言っていました。安くはないですが、まぁ安全にこれだけの旅行をしようと思ったら、このぐらいはかかるだろうとは思います。いまドルに対してユーロが強いので、僕にとってはそれほど大きな負担にはなりませんでした。
[PR]

by furtwangen | 2009-08-27 07:04 | 黒い森の小さな町
2009年 08月 26日

アメリカ4 - nach Yellowstone1

今朝、衆議院選挙の投票用紙を近くの郵便局から郵送しました。EMSみたいので送ろうと思ったのですが、ここの郵便局では扱っていないそうです。小さい郵便局だからでしょう。しょうがないからこの郵便局から送れる一番速いのを頼みました。日本の投票所に間に合うといいんですが。

さて、今日はアメリカ旅行、7月28日分。(am 28. Juli)
Salt Lake Cityのキャンプ場で朝を迎えたこの日の予定は、Yellowstone国立公園の西側にあるWest Yellowstoneにあるキャンプ場にたどり着くこと。
a0207111_1804361.jpg
Frühstück im Wohnmobil (Salt Lake City)
朝食の用意。
a0207111_181173.jpg
このときは同時に後々の食事のためにご飯を炊きました。今晩到着のYellowstoneは標高が高いので、ご飯が炊きにくいんでないか、という心配があったから。
a0207111_1811750.jpg
キャンプ場の様子。
a0207111_1813556.jpg
駐車中は電気(黒いコード)、上水(白いホース)、下水(地面を這っている黒い管)で外界と繋がっています。だから駐車中、これらの心配はいりません。
出発の際には、車の上水タンクを4分の3くらいまで満たして、電気コードを抜いて、車の下水タンクを流し出して空にします。

さて、出発です。
a0207111_1814969.jpg
In der Stadtmitte Salt Lake City
この写真はまだ市内ですが、まぁどこまで続くんだか、真っ直ぐな道です。
a0207111_182724.jpg
市内を出てしばらくこういう景色を走ります。
a0207111_1822169.jpg
15号線
a0207111_1823797.jpg
a0207111_1824763.jpg
Salt Lake CityのあるUtah州からIdaho州に入ります。

Idahoに入ってすぐ(1305)のところで昼食休憩
a0207111_1831220.jpg
Mittagspause in der Nähe von der Landesgrenze zwischen Utah u. Idaho
a0207111_1832519.jpg
Mittagessen
これは朝炊いたご飯だな。
a0207111_1834623.jpg
前には大きなバス型のキャンピングカーが停まっています。後ろの乗用車をニュートラルにして牽引していますね。なんだかスケールが大きい。
a0207111_184233.jpg
トラックが入ってきました。この景色、背景でこのくらい大きく見えるんですから、これが都内を走ったらすごく大きく感じるでしょう。アメリカのトラックは正面が扁平でなく「鼻」の出ているのが多い。
a0207111_1843378.jpg
a0207111_184486.jpg
車内はクーラーを効かせていましたから大丈夫でしたが、外は直射日光で猛烈に暑かった!

0827:venturagirlさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
今まで見たことのないような大きな景色で、写真をパチパチ撮り続けてしまいました。

0831:なおこさん
そうですね、道路にゆとりがあって、あれなら大きな車で走りたくなるわけだと思いました。Smartのようなちいさな車はほとんど見ませんでした。
こんど、フランス旅行のお話伺うの楽しみにしています。
[PR]

by furtwangen | 2009-08-26 06:24 | 黒い森の小さな町
2009年 08月 19日

アメリカ3 - Salt Lake City

さて、アメリカ旅行4日目、27日分(am 27.)。
この日はChicagoから飛行機でSalt Lake Cityへ移動する日。

今回の旅行の概要は
a0207111_17455079.jpg
Mein Reiseplan. An diesem Tag sind wir von Chicago nach Salt Lake City geflogen.
こんな感じで、Chicago > Salt Lake City > Yellowstone国立公園の往復です。至って単純な旅行経路です。
a0207111_1746462.jpg
早朝の飛行機でSalt Lakeへ。
a0207111_17462053.jpg
初めて見るアメリカの大地、少々興奮気味。
a0207111_17463966.jpg
きれいな湖。およそ3時間の飛行で到着。ChicagoとSalt Lakeの間には時差が1時間ありますから、空港到着後、時刻の調整。

キャンピングカーを借りるレンタカー屋まで空港からタクシーで移動。
a0207111_17465558.jpg
レンタカー屋の事務所。猛烈な日射。
a0207111_17471141.jpg
事務所横からの景色。大きなキャンピングカーが手前にゴロゴロ、向こうに石油の精製工場、その向こうに空港です。ここから見ていると着陸態勢に入る飛行機が、この青い空のなかに何度も見ることができました。
a0207111_17472953.jpg
これが、これから1週間乗るキャンピングカーWohnmobil。ちなみに、居住空間一体型のキャンピングカーをWohnmobil、別車両で牽引式のをWohnwagenというそうです。
a0207111_17474582.jpg
鍵を貰って乗ってみます。車は直射日光にさらされていたので、室内は猛烈に暑かったです。右は冷蔵庫、冷凍庫。正面扉が便所、シャワー室。ベットの上にあるダンボール箱には布団や枕などの寝具。
a0207111_1748684.jpg
右がテーブル、左の扉が車内への入り口。3つコンロの上には電子レンジ。天井には冷暖房の空調。
a0207111_17482452.jpg
トイレの前から前方を撮影。運転席の上が僕の寝室、ベット。ちなみにこの車内の撮影は全部広角レンズを使っています。そうでなかったらこうは撮れないです。広角万歳といったところ。

借りる際は事務所で20分くらいの使用説明ビデオを見せられました。英語ですからさっぱり分かりませんでしたが、分からなくても分かった振りをするのは僕のお家芸ですから、大丈夫。事務所の人の説明も聞いて、荷物を車内に入れて、ともかく出発。目指すはSalt Lake市内のキャンピング場。
a0207111_17484239.jpg
キャンピング場への移動中。
この左折レーンがくせものです。工事中のため2本の左折レーンへは進入できず。仕方ないから左折希望車はそのすぐ右側に入ってきます。そして左折待ち。ところが、一向に左折の矢印信号が青にならない。どうも左折レーンにある程度の車両がないと信号が青に変わらないらしい。車両(の重み?)がないと「左折車なし」と信号は判断するそうです。その左折レーンが進入禁止ですから、左折信号もずーっと赤。直進信号が青になったら対向車も直進してきますから、そうなると、左折するの大変。僕、運転していませんが、妹夫婦がそう言っていました。

昼食はメキシカンなレストランで。途中、買い物をして夕方Salt Lake Cityのキャンプ場に到着。荷物、食器、寝具の整理。夕食作り。ここで一泊。
a0207111_174913.jpg
運転席の上、僕の寝床。思っていたよりも広い!いままで他人様のキャンピングカーを外から眺めて、一度あの運転席上の薄べったい空間で寝てみたいと思っていました。だから、今回その願いが叶います。
a0207111_17492382.jpg
寝床から外を見る。いろんなキャンピングカーが見えます。
a0207111_17493745.jpg
Abendessen im Wohnmobil.
妹夫婦が作ってくれた夕食。
この日は早朝にChicagoを発って、キャンピングカーを借りて、ここまで来ましたから、だいぶん疲れました。
a0207111_17495359.jpg
その晩撮った月。Nikonの18-200の最望遠で。トリミングしてます。

0821:紅蓮さん
お久しぶりです。
僕にとっては、まだ行ったこともないアメリカを、まさかキャンピングカーで回れるなんて、夢にも思っていませんでした。本当にいい機会を妹夫婦からもらったと思っています。

JOURNEYさん
はじめまして、いつもブログを見てくださりありがとうございます。今回たった2週間でしたが、車社会だと強く思いました。歩行者というのがほとんどいませんでした。走っている車や道幅も大きくて、ドイツや日本とは違う圧倒的な車社会と言ったらいいのか、そんな感じがしました。
[PR]

by furtwangen | 2009-08-19 05:40 | 黒い森の小さな町
2009年 08月 18日

アメリカ2 - シカゴ2

仕事がなかなか切羽詰ってきまして、久しぶりに大変です。かなり緊急を要する手仕事に加えて、それを上回る緊急な図面描きが入ってきて、パッパ仕上げていかないといけません。明日は日本語訳のチェックをお願いするとかで、そんな仕事を会社の仕事中にやれるような状況ではないです。

さて、Chicagoの写真の続き、7月26日分。
この日は翌日からのキャンピングカーでの旅行の準備の日でした。
買い物と夕食のため車で外出。
a0207111_8161131.jpg
これはガソリンスタンドみたいな、Citibankの端末。ドイツにあるんでしょうか、こういうドライブイン的端末。
a0207111_8162539.jpg
マイル表示のタコメータ。km/h表示も内側にあります。アメリカは長さも重さも温度も単位が違って、初心者には大変です。こういう世界に留学する人は言葉の問題のほかに単位の違いにもご苦労があると思います。ドイツは言葉は違っても単位系が日本と同じですから、ありがたいです。
a0207111_8163951.jpg
FINEって罰金という意味があるんですね。ここに駐車すると$250の罰金だそうです。大変です。
a0207111_8165385.jpg
この表示も頻繁に見ました。路面の工事区間の両端にありまして、路面の段差の為にそこを通過するとBUMPとなります。
a0207111_817765.jpg
これはカメラ自慢のために載せます。走行左折中の車内から飛行中のガンの群れを撮りました。どちらも動いているのに、写真をアップすると
a0207111_8171937.jpg
ガンの顔まで分かりそうなくらいに撮れました。

この日は夕食を鉄板焼き屋さんでいただきました。
[PR]

by furtwangen | 2009-08-18 07:00 | 黒い森の小さな町
2009年 08月 17日

アメリカ1 - シカゴ1

先週末(9日)には休暇が終り、月曜からまた働いています。休暇中の旅行疲れや仕事のことで、毎日疲れて、ブログの更新ができませんでした。

7月24日からの休暇で、妹夫婦の住んでいるアメリカ・シカゴに行きました。僕にとっては初の渡米で、旅行前は楽しみと同時に緊張もしました。なんせ、英語がからっきしダメなので。

24日(am 24. Juli)
a0207111_861028.jpg
Meine erste Reise nach Amerika! Auf dem Parkplatz am Chicago O'Hare International Flughafen.

シカゴ到着の図。初めてこの目で見るアメリカ!

翌日25日土曜日(am 25.)は妹のお知り合いのお家、2軒にご招待いただき、そのご自宅へ伺いました。英語のさっぱりわからない僕には、なかなかどう振舞っていいのかわからないお呼ばれでしたが、思った以上楽しく過ごすことができました。
a0207111_862678.jpg
行く途中。
車を降りずに車中から投函できるポスト。ドイツではこういうの見たことないけど、あるのかな?ちなみにPost郵便局の色は黄色でなくてblau青です。

夕方からシカゴ市内へ車で行くことにしました。お目当ては高いビルから夜景を眺めること。
a0207111_864176.jpg
すごく広々した道路と景色です。アメリカって感じです。
a0207111_86554.jpg
Wir sind in die Stadtmitte gefahren.
シカゴの市内が向こうに見えてきました。
a0207111_871076.jpg
Stadtmitte Chicago
だんだん日が落ちてきました。
a0207111_872742.jpg
a0207111_874288.jpg
久しぶりの都会っぽい都会です。
a0207111_875989.jpg
夜景によさそうな時間になりました。この高層ビルJohn Hancock Centerの展望台からみます。高速のエレベータで一気に上まで行きましたが、振動がなかなかすごかったです。横浜ランドマークのエレベータみたいに静かなのが当たり前だと思っていましたが、あれはすごいエレベータ技術の賜物なのでしょう。
a0207111_881566.jpg
Nachtansicht aus dem Observatorium in der 94 Etage John Hancock Center. Rechts:Lake Michigan

展望台は94階にあるそうです。綺麗な夜景ですが、それを写真に収めようとすると、これなかなか大変。建物の中の光がガラスに反射して、外の夜景に室内の様子が写り込んでしまいます。
a0207111_88312.jpg
a0207111_88458.jpg
期待していた通りのすばらしい夜景でした。
[PR]

by furtwangen | 2009-08-17 07:59 | 黒い森の小さな町