<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 23日

勧進帳

僕は勧進帳のDVDを持っています。時々日本的なものを観たいと思ったときに観ます。とても話の内容を完全になど理解していませんが、観ていると心に入るものがあります。

今年のお正月には歌舞伎座で勧進帳を観る機会があり、とてもいい思い出になりました。せっかく観に行くのだからと、日頃DVDで観ている場面を思い出しながら、あらすじを復習して行きました。

DVDで鑑賞している限りでは、弁慶の忠義とそれに心打たれた富樫という二人が主なる構図で、義経一行を通すという富樫の苦渋の決断がこの物語の最大の見せどころという理解をもっていました。

そして今回新たに、その富樫の決断は命がけであったということも分かりました。富樫は鎌倉殿の命により義経を通さないことを責務としているにもかかわらず、山伏の一団が義経の一行であることを承知で通すのですから、これは明らかに頼朝に対する不忠であり、切腹をもってこの罪を償う、ということになりましょう。

しかし、これだけの解釈だと、いくつかの?な点が残ります。

1.弁慶の義経に対する忠義はいいけれど、それだけのことで富樫の頼朝に対する忠義が崩れるのか。これは富樫にとっては命に関わること。

2.義経の存在感の薄さは、本当にそれでいいのか。

3.弁慶は最後の幕が下りてから、飛び六法に入る前、観客に向かって一礼するが、あれは何を意味するのか。

それで、お正月の観劇の後もちょくちょく勧進帳について調べていくと、弁慶と富樫という二極構図とその影にいて存在感のうすい義経という解釈では、この勧進帳は十分に楽しだことにはならないといことがわかってきました。

この演目をより楽しもうと思うとき、江戸時代における義経の神話性というか、義経は悲劇のヒーロー故に、みんなで守らなければいけない対象であり、また守られるべき存在であったということを承知していないといけないようです。

構図的には(弁慶・義経)<=>(富樫・頼朝)ではなく、神的な義経という存在が万人の上にいて、その下で富樫も弁慶と同等に存在すると。

富樫は弁慶の忠義に感服したのではなく、神なる義経に(弁慶を通して)忠義を貫いたということ。最後、弁慶は義経を金剛杖で滅多打ちにしますが、神的存在(義経)がそのようなひどい目に遭うことは富樫にとっても耐え難いことで、まして、そういう状況に追いやったのは紛れもなく富樫自身。この段に至って、富樫の「判官殿を守らねば」という思いが、頼朝への忠義に優先したということでしょう。

「判官殿にもなき人を疑えばこそかく折檻もし給うなれ。」
この富樫の言葉が、このお芝居の最大の山場、と僕は思っています。

富樫はこの不忠に対して死をもって罪を償うことになるでしょうが、同時にそれによって永遠に義経に帰依できる。(そういう精神性の高い忠義が、江戸の庶民の心を掴んだのでしょう) 弁慶もまた、やむを得なかったとはいえ、義経に対する殴打の責任をいつかは必ず取る。そのとき神のような義経に永遠に仕えることができると。舞台では、富樫も弁慶もお互い対峙しているように見えるけれど、義経の前では、実は同じベクトルを向いていると言えましょう。そこにこのお芝居の深さ、面白さがあるのではないかと思います。

そう考えると弁慶の幕後の一礼は、観客に対してだけでなく、義経の神性に想いを馳せ、頭の下がる想いだったのではないかと思いました。

(しばらく更新を休みます)
[PR]

by furtwangen | 2010-03-23 04:50 | 黒い森の小さな町
2010年 03月 15日

台所仕事

最近、自分で食事を作るようになってから、めっきり台所に立つ時間が長くなりました。
この週末も食事を作ったり、人参ジュースを作ったり、水槽の掃除をしたり、それから、大工仕事もしました。(居間はじゅうたんなので、Spänearbeitはタイル敷きの台所)

ジュース作りは、最初は野菜を機械に押し込むのが楽しかったのですが、最近は野菜洗い、後片付けが「大変」と思うようになってしまいました。ですので、毎回チョビチョビ作るのはやめて、回数を減らして一回にデーンと作ることにしています。というわけで今日は2kgの人参をジュースにしました。市場で買ったBioの人参でまだ泥がべったり付いていて、形もさまざま。駄目になっている部分も多く、前準備がちょっと大変でしたが、普通のスーパーなんかで売っている人参は少し不自然なくらいに形が揃いすぎているんだな、と思いました。

それからこの週末は、引き出しの修理を終えました。そのおかげで部屋が広々しました。さらに精進して、無駄なものを捨てて、部屋をきれいにしていきたいと思います。

さて、今週は少し忙しいです。水曜日の夜には、会社に見学者がたくさん来ます。ですので、その際には勤勉な労働者の振りをしてコンピーターの前に座っていないといけません。

それから木曜と、もしかしたら週末にバーセルです。今週からバーゼルで年に一度の国際時計装飾見本市があるからです。このときはいつも無意味に背広を着て、ネクタイで日頃弛んだ首周りをキュッと締め上げます。そのため頭の血の巡りが滞って、ひどい頭痛に見舞われるのが常です。以前、その背広の無意味さにクラウディオが疑問を呈していましたが、まったく彼の疑問に一理あります。接客するわけでもない、ただ他の会社のブースを見てまわるだけなのに、と。

0316:れいこさん
こんにちは、お久しぶりです。
明日は夜に見学者が来るので出勤は午後です!
うちのタコ社長も大忙しです。
れいこさんも一度はそのイチョウをご覧になったことがおありでしょう。千年間も踏ん張って頑張って、これでやっと安らかに眠れるかと思いきや、また再生ですよ、気の毒に。
[PR]

by furtwangen | 2010-03-15 03:47 | 黒い森の小さな町
2010年 03月 12日

倒木 大イチョウ

吹けば飛ぶようなことばかり書いていますが、今日は簡潔に以下3点。

1.鎌倉の八幡様の大イチョウが倒れましたね、昨日出勤前に読んでビックリ。
僕は鎌倉で生まれ育ったので、この八幡様には親しみがあります。
最初の記事にある倒れたイチョウの写真をみると、イチョウが「もう疲れた」と言って倒れたんでないかと想像してしまいます。ずいぶん長い間、立っておられたようですから。長い間お疲れ様でした、と申し上げたい心境です。

2.久しぶりのサギ。
数週間前に一度、雪がすっかりなくなり春めいた頃から、サギがいなくなっていましたが、ここ数日の寒さと、今朝のすごい雪、なんかいかにもサギが出てきそうな雪景色でしたので、カメラを片手に川沿いをゆっくり観察しながら出勤しました。案の定いました。よかったです。
a0207111_48226.jpg
3.引き出しの修繕
同僚からもらった6段引き出し。無垢で外見は感じがいいのですが、作りがとても粗く、直さないと使えない。そんなわけで、今週は毎日帰宅後1時間、日曜大工。もうちょっとやれば、修理完了。そうなったら、時計関係の小さな道具を引き出しに入れて、部屋全体が少し片付くはずだと。
a0207111_482067.jpg

[PR]

by furtwangen | 2010-03-12 07:46 | 黒い森の小さな町
2010年 03月 10日

ひどく寒い日が続いています

今日は仕事場、少し荒れましたな。
後ろに座っているハンスが怒った怒った(笑)。一日中、鼻息荒くしてました。

取説のEinleitungの部分の訳、かな~り派手な意訳でやっつけました。
それから翻訳しながら、ドイツ語文法の間違いを見つけたので指摘しときました。まったくひどい会社です、僕に指摘されるなんて。

それと、いまこのコーヒーメーカーに心奪われています。このメーカー、街のお店のショーケースに展示されていて、いつも帰宅途中にその前に立ってじーっと見ています。値段が高いのが難点ですが、小さくて(これすごく大事)、普通のコーヒーしか作れないってところに心惹かれます。こんな機械なくても生きていけるんですけどね。このまま買わないで逃げ切れるか、ちょっと自信ないね。

0313:きんさん
この機械、買ってしまいました。一回の給水で「1杯分」の「コーヒー」しか作れませんが、そのシンプルさがいいです。センスのいい商品というのは、初めて見たその瞬間になにかビビッときますね。客観的に見れば、他の商品の方が値ごろ感があったり、多機能だったり。でもセンスというのはそういう経済性、機能性とは別の次元にあるように思います。今回のコーヒーメーカーも僕にとってはそんな商品でした。
[PR]

by furtwangen | 2010-03-10 07:04 | 黒い森の小さな町
2010年 03月 08日

初めての餃子

定期預金だか定額預金だかの利率がまた下がりましたね。僕はSparkasseので見ていますが、一ヶ月前くらいにみた利率よりも場合によっては半分くらいになっちまっています。もうちょっと前から始めればよかった。

週末はくまさんのところで生まれて初めて餃子をこしらえました。いや、正確にいうと全部下準備をしてくださって、最後に中身を皮に包むのだけしました。
a0207111_431355.jpg
これが初めて包んだ餃子。多少引きつっているヤツもおります。餃子の右側はまぁまぁうまくいくのですが、左側は指先が思うように動かず、いつもうまく包み込めません。ですので、あるところからは「うまくごまかす」ように包むことばかりを考えています。でないと収拾が付かなくなります。しかし、中身のお肉とお野菜がとてもよく出来ていましたので、最終的には言葉には出来ないくらいおいしい餃子になりました。

それから金曜日にはくまさんご夫妻にIKEAに連れていって頂きました。IKEAには生まれて初めて行きました。お目当ての引き出しはイマイチだったので買いませんでしたが、台所用品をちと買いました。そしてカタログを貰ってきましたので、いま目を皿のようにして見ています。

明日は久しぶりに取説の翻訳を先ずやります。翻訳といってもたった一ページ分です。が説明書本体の前にくる「このたびはお買い上げありがとうございます」みたいな部分で、この最初の1ページというのは案外クセモノなのであります。というのは、その記述が説明書本体に出てくるような「ボタンAを押して下さい。表示が変わります。」みたいに具体的な描写ではなくて、多分に詩的、抽象的なのです。ドイツ語文の意味が分かっても、日本語では到底そんなことは言わないし、じゃあ、意訳としてどんな日本語表現が適当なのかとかと考え出すと、これはもう僕の貧弱なドイツ語力の問題ではなく、最近危機に瀕している日本語能力が問われているような状態になります。「困ったなぁ」と思っていても、会社ではだれも助けてくれませんので、しょうがないから電子辞書の広辞苑を引っ張り出して、あーでもない、こーでもないとうーうー苦しんでいると、いつの間にかお昼なって、なんだか頭が吹っ切れないまま、みんなでぞろぞろKantineに行く、ということになります。

0309:タワラジェンヌさん
隣でくまさんが上手に包んでいらっしゃいましたから、こちらも負けじと頑張りましたが、いつも最後は収拾が付かなくなり、「要は肉汁が出なければいい」などと心の中でブツブツ言いながら包んでいました。
このグラッシュはあっさりしていておいしいですね。野菜もたくさん取れるし、いいメニューを習ったと思っています。
[PR]

by furtwangen | 2010-03-08 07:39 | 黒い森の小さな町
2010年 03月 02日

明日は選挙

すっかり暖かくなって、雪がほとんどなくなりました。雪解けのために小川がゴーゴーいって流れています。

明日は会社の労働者委員会Betriebsrat(正式には経営委員会と訳すようですが、そう訳すと経営者側の委員会と思ってしまうと思うので、勝手に労働者委員会と訳しています)の役員選挙です。

この委員会は労働組合そのものではなく、社内に設置された労働者の利益を守るための組織です。ですので、労組の組合員であるか否かに依らず、日頃からいろいろお世話になる委員会です。そして、この選挙は3年に一度あるようで、僕にとっては初めての選挙、投票です。

実際にどういう風になるのかは、明日になってみないと分かりませんが、事前の説明だと、従業員は各自最大で5つの投票権をもつと。しかし、一人の候補者に2票以上投票してはいけないと。また最大5票だから、必ずしも5票分の権利を行使しなくてもいいと。

ははー、ちょっと僕のお頭には複雑な決まりですが、まぁ、どうにかなるでしょう。立候補者は全部で8人で、そのうち4人しか名前と顔が一致しない(笑)。あとの4人は顔は知っているけど名前が分からん?!(もちろん会社の掲示板にはそういうバカな従業員のために、候補者のフルネームつきの写真がずっと前から掲示されているんですけどね)
[PR]

by furtwangen | 2010-03-02 07:58 | 黒い森の小さな町