シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 27日

ルバーブジャム

今週もよく歩きました。 (Coolpix P7700)
月曜から今日までの5日間で51227歩って万歩計は言っていますので、一日平均一万歩は歩いたってことです。以前にも書きましたが、僕は足首に重り(片側500g計1kg)付けて歩いているので、かなりいい運動になっていると思います。元気なときは、この重りはほとんど気にならないくらいですが、だんだん疲れてきて、木曜、金曜日なんてなってくると、ずっしり足首にくるのであります。たかが500g、されど500gな重りです。

今週は月曜の朝からすでに金曜日みたいなお疲れでしたが、それに追い討ちをかけたのが、水曜日のルバーブジャム作りでした。
a0207111_654589.jpg
ルバーブは季節が短いというか、出たと思ったら、あっという間になくなって、去年はそれで買いそびれたので、今年は見つけた今のうちに買っておこうと思いまして、火曜日に買いました。

ただ、買ったはいいが、できるだけ早くジャムにしないと部屋においておくと乾いて悪くなってしまうと。その思いに駆られて、水曜日の夜にジャム作りを決行。

火を入れる前に、必要量の半分の砂糖をまぶして、3時間から半日置く、とネットにあるルバーブジャムの作り方に書いてあったので、そうしました。そうすると、まだ何もしていないのに、ルバーブからかなりの水分が出てきて、それがなんとも不思議でしょうがない。もっと置いておけばもっと水分が出てくるだろう、とは思いましたが、3時間たって、もう夜の11時。そろそろ火を入れないと、寝るのが遅くなると。
a0207111_6552230.jpg
瓶詰め完了の時点で夜中の零時。880gのRhabarber+ca.500gZuckerでジャムの瓶4本分。熱いうちに蓋をしっかり閉めたので、ポコン、ポコンと蓋が内側に凹みました。

お鍋を洗ったりして、結局寝たのが1時。
このジャム作りのおかげで、足首の重りが2倍にも3倍にも感じられる一週間になりました。

0429追記:
後日、もう一度ルバーブジャムを作りました。
a0207111_5381388.jpg
砂糖を入れて半日(12時間)置いた状態。随分と汁が出てくるものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

by furtwangen | 2013-04-27 07:01 | 黒い森の小さな町
2013年 04月 17日

脂肪肝

昨年11月から、毎日筋トレをしています。特に動機もなく、なんとなくもう少しマシな体を作りたいと思ったのが始まりでした。しかし、年末まではほとんど目に見える成果はなく、BMIから算出した標準体重65.1kgを1.5~2kgオーバーした状態が続きました。もう、歳が歳だし、それに個人差ってのもあろうから、2kgくらいは許容範囲と思って、自分に言い訳をしていました。

しかし、この冬の帰国で健康診断をし、お医者さんに「中程度の脂肪肝」と診断されました。これはショックでした。確か数年前の人間ドックでも脂肪肝になりつつある、みたいなことを言われていたので、その肝脂肪が数年で確実に増えてしまったということ。こりゃ、いかん!と。放置して済まされる問題ではないと、認識しました。

で、昨年からやっている筋トレは、非常によろしい事のはずで、これからも継続。

それに加えて肝脂肪が減りますように、と願う気持ちでがんばっているのが、クロワッサンとKaffee Weisser摂取の自粛。

実は、去年はほぼ毎日クロワッサンを2つ食べていました。仕事が終わって帰宅して、疲れていて、夕食を作る前にどうしても腹が減って何か食べたいと。で、そのときに帰宅途中Lidlで買ったクロワッサンをパクパク食べていたのですが、落ち着いて考えてみれば、一日2つということは、1年間に600個は食べたということ。恐ろしい数です。これを止めるだけでも脂肪を減らせるだろうと。

それから、職場では毎日4杯のコーヒーを飲みますが、去年はそのたびに、Kaffee Weisser粉ミルクをティースプーン山盛り1杯入れて飲んでいました。これも脂肪生成の原因になるだろうと。

なので、今年に入ってクロワッサンとKaffee Weisserをほぼ断っています。

これらのプチ努力を続けてほぼ3ヶ月になりますが、いまやっと、少し変化が出てきています。まず体重がほぼ標準体重に戻ってそれをキープしている。実際にお腹の周りの脂肪、ブヨブヨ感が格段に減りました。それから体脂肪率が昨年末より確実に1%は減った。体重65kgの1%は650g。つまり650g分のバターをお腹の周りから剥ぎ取ったようなもの。

また、毎日8千歩から1万歩は確実に歩いているので、それも少なからず貢献しているはず。

ただ、体脂肪率が減ったからといって、肝臓の脂肪まで減ったという保障はどこにもない。脂肪肝が「中程度」まで悪化するのに、数年かかったということは、減らすのにも数年、もしかしたら十年くらいかかるかもしれない。脂肪肝との戦いは長期戦と覚悟しています。

0426:通りすがりの指圧師さん
お久しぶりです、お元気ですか。
やっぱり、日本の食事と違って、こっちのは脂の多い食事が多いです。それで肥えちゃうんですよ。
この脂肪の多い食生活が、将来の自分の健康にどう影響するか、ちょっと心配な面もあります。
僕は長生きしたいですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

by furtwangen | 2013-04-17 06:55 | 黒い森の小さな町
2013年 04月 14日

結婚式の記録

備忘録としてダニエルの結婚式(3月初め)のことを記します。
ドイツでの結婚式は今回が初めてで、どうも要領を得ないので、服装については、一ヶ月前に彼のお母さんにみてもらいました。
「ネクタイでなくて、蝶ネクタイのほうがいいけど、まぁ、あんたのそのネクタイでもいいわよ」ということで、まぁ、当日の服装はOK。
お祝いについては、とても悩みましたが、どくとるくまさんに相談したりして、結局、現金にすることにしました。近しい親友なので、福沢さん2枚。日本円をあげたのは、彼らの新婚旅行が日本だから。
お祝いのカードは、カリグラフィーをしている妹に頼んで、スペシャルなHochzeitkarteを作ってもらいました。

当日は、
a0207111_4325715.jpg10時から、新郎新婦だけの写真撮影。
呼ばれたのは彼らの元同僚のカメラウーマンと僕だけ。僕の役目は撮影のときの周りの雰囲気を撮ること。外での撮影でしたので、泥が真っ白のドレスに着かないように、いつもダニエルが彼女の裾を持ち上げて歩いていました。
a0207111_4363180.jpg12時から、お役所での式。
(standesamtliche Trauung)。
招待客は全部で60人くらい。
この後、軽い昼食。
みんなで集合写真。
a0207111_4552019.jpg午後3時半から、教会での式。
(kirchliche Trauung)。
オルガンとチェロの演奏あり。独唱あり。牧師さんがギターで何か歌っていた。
この式から、多くの招待客がフォーマルな服装になって、ちょっと驚いた。僕は朝から相変わらず丸の内のサラリーマンみたいな格好。
a0207111_525054.jpg最後は夕方からの披露宴。
田舎の大きなレストラン。プレゼントを置くテーブルが用意されていて、僕もそこにお祝いを置いておいた。もうひとり、日本円の現金を額に飾ってプレゼントしてる人がいました。

楽しい、心のこもったいい式でしたが、それまでの準備期間が少し大変でした。
というのも、新郎新婦には内緒で、彼らについてのメモリアルな冊子Hochzeitzeitungを、式までにみんなで作るということで、そのために原稿を書くように頼まれました。
何を書くべきか随分悩みましたが、どうせ僕のドイツ語では大したことは書けないのだから、ダニエルについての正直な気持ちを書きました。
それと、神経衰弱のカード遊びのようなカードを作るから、自分の顔写真と、それから自分のことと分かってもらえるような一言を書いてくださいと。そういわれても、なかなかいいキーワードが見つからなくて...
それから、Wünschebaumとしてレモンの木を用意するから、1年後に彼らにしてあげることを書いて、当日それをその木につるしてくださいと。

またそれらとは別に、かつ同時に、彼らの新婚旅行の立案、計画、情報提供。前回も書きましたが、彼らはまったく日本のことを知らないので、成田、東京、京都の位置関係を日本地図を使って説明するところから、の準備です。なかなか大変でしたが、例えば僕もJRパスを買えることが分かったりして、今度僕が帰国するときに役立ちそうなこともありました。
彼らは、日本のこと、日本の食事をとても気に入ってくれたようで、僕としてもとても嬉しいです。

0415追記:
お祝いについて相談に乗って頂いた際に、どくとるくまさんに教えていただいた、
Hochzeitお祝儀の「額」について非常に参考になるWebseite

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

by furtwangen | 2013-04-14 05:56 | 黒い森の小さな町
2013年 04月 11日

15周年

先週末はフライブルクへ行きました。(Coolpix P7700)
a0207111_6372345.jpg
僕がかつてのホストファミリーと知り合って、今年で15年になるのを記念して、彼らとお祝いをするためです。彼らを最初に訪れたのが、ちょうど15年前の今日、4月10日です。次男ダニエルが、Hbfで待っていた僕を拾ってくれたのが、この家族との接点の始まりでした。

この家族は僕にとても親切で、僕のここでの生活を常に強力にバックアップしてくれています。
彼らに出会わなかったら、いまの僕はないといっても過言でないくらいです。

さらに、このダニエルが一ヶ月前に結婚して、新婚旅行で2週間、日本に行きました。
彼らは日本なんかにまったく興味がなかったはずなので、日本に行くと聞いたときは、本当にビックリしました。(ちなみに、僕の知り合うドイツ人というのは、日本にまったく興味のない人たちばかりで、僕はそういう自分の境遇を密かに楽しんでいます。)

で、先々週末に、彼らは旅行から帰っていたので、その際の写真を拝見するというのも、今回の目的でした。

帰国後、ダニエルはすっかり、滑稽なくらいの日本食ファンになったので、彼の希望で、夕食はFreiburgの日本食屋さん、椿に行きました。 (椿は、上の写真の旧市庁舎沿いの通りに引っ越しました)
自腹のつもりだったので、一番上等なフルコースを頼んだのですが、結局、会計のときに押しやられて、お母さんにご馳走になってしまいました。

あと、結婚式のときに撮った写真の交換もしてきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

by furtwangen | 2013-04-11 07:41 | 黒い森の小さな町
2013年 04月 02日

ヤドリギツグミ Misteldrossel

夏時間になったので、夕方7時になってもまだ明るい。
Amselのメスかと思って撮ったのが、どうもそうじゃないので、その鳥を載せます。
(D90 + VR70-300mm f/4.5-5.6G)
a0207111_1392184.jpg
たぶん、Misteldrosselヤドリギツグミ。
ただ、手元の図鑑によると、似たのにSingdrosselウタツグミというのがいまして、もしかしたらそれかもしれない。Singdrosselはもう少し目が大きいのではないかな、と思ったので、今日撮ったのはMisteldrosselじゃなかろうか、と。その程度の識別判断ですから、間違っているかもしれない。(間違いに気づいたら、遠慮なくタイトル名ごと変えます。)

いままで随分、小鳥の写真を載せていますが、全部、僕の住んでいる町での写真です。
自分の町にこんな多様な鳥がいるというのは、すばらしいことだと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

by furtwangen | 2013-04-02 02:07 | 野鳥 Vögel
2013年 04月 02日

クロウタドリ Amsel

Ostermontag、復活祭4連休の最終日。
まだ寒いですが、久しぶりに、明るい、いい天気になりました。
(D90 + VR70-300mm f/4.5-5.6G)
a0207111_0164463.jpg
Amselクロウタドリで、下がメス。この鳥はそこら中にいます。
a0207111_0173673.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

by furtwangen | 2013-04-02 00:24 | 野鳥 Vögel
2013年 04月 01日

車の展示会

久しくブログを更新していないので、更新の仕方をすっかり忘れています。おまけに、exblogの編集画面も随分変わったみたいで、戸惑ってしまいます。

先々週末、街のメインストリートで車の展示会をしていました。
小さな電気自動車を見つけたので、写真にとっておきました。(Coolpix P7700)
a0207111_3495564.jpg
a0207111_3533066.jpg
一応2人乗りのようです。
a0207111_3554617.jpg
ドアにガラスがないので、雨のときは濡れるでしょうし、駐車しておいたら いたずらされそうだな、と思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
[PR]

by furtwangen | 2013-04-01 04:09 | 黒い森の小さな町