シュバルツバルトな毎日

sw110520.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 24日

開封無効

今日は警視庁へ行って、先週お願いしておいた無犯罪証明書をもらってきた。
何語で書かれているのか実際に見てみたいところだけど、
a0207111_451394.jpg

であります。開封無効。(写真の2文字目、簡単そうだけど難しい漢字だねー。開封無効の封印以外に使うことあるのかなぁ)
無効になっちゃ困りますから、開けないでそのままマイスター学校に提出します。
ドイツの証明書はBonnから郵送で送られてきました。だから郵送のための封筒に入っていましたが、それは開封無効のための封筒じゃない。だから、マイスター学校に提出するときはその郵送用の封筒から出して、証明書だけを提出しました。

日本は「開封無効」が好きですね。そういう書類がたくさんある。大学の成績書や卒業証明書も開封無効でしょ。僕はまだたった3年間しかドイツにいないけど、いままでそういう証明書や書類に出会したことがない。
ドイツでは開封無効な封筒を使わなくても、その証明書が効力を失わない、その理由を日本のお役所はもっと研究してみたらいかがでしょう。

この封筒には、つぎのようなことも書かれています。
「証明書を提出しなかった場合には未開封のまま発給庁へ返納して下さい。」
なんで、こんな断り書きがあるんでしょう。封を開けて自分の机の引き出しに静かに保管しておくとなにか不都合でもあるんでしょうかね。

0903追記:
H.Suto様
開封無効の封筒、封緘してあるのは上だけで、下にはありません。
確かにその気になれば下から封を開けられますね、気づきませんでした。
それから、中野学校というのはスパイ養成学校だったそうで、そのことをはじめて知りました。どんな学校だったのか興味あります。
来週ドイツに戻ります。
[PR]

by furtwangen | 2006-08-24 22:09 | 時計学校@Furtwangen


<< ケトラーさん(1)      Geschirrrrrrrru... >>